ドラムアーティスト

2017年3月27日 (月)

NHK FM セッション2017「大坂昌彦 Special Assemblage」

0013です。

NHKみんなの広場ふれあいホール。

NHK-FM セッション2017」  公開収録。

P1240445

大坂昌彦 Special Assemblageが出演。

P1240454リハーサルタイム。 マイク等々確認中。

メンバー率いるリーダーでありドラマーの大坂昌彦さん。

P1240461ドラムPHXセットはPHXシリーズ(Maple仕様)
いつも思うのですが、本当に良いです!めっっちゃ良いんですPHX
トンというアタックの心地良さ。艶。並みの艶じゃない艶で優美な鳴りがします。

P1240477

P1240476サイドスネアにRLS1470(ステンレス:14"×7")
チューニングを下げドシッとした重量感あるサウンドに仕上げています。
それと、よ~~く見るとヘッドの上にクリアファイル!?
「色々試したけど、これ乗せると気持ち良い(音色)感じになるんですよ」と一言。

P1240474ドラムスティックは自身のシグネチャスティック。
YCSMO2(Maple材。15mm×400mm)

P1240481

スティックもれっきとした楽器。太さ長さ材によってサウンドがかなり
変わってきます。

P1240448

瞬発力ってスポーツだけではなく、音楽にもあると思う瞬間が何度もありました!

ステージ上。番組 出演者のサイン入り巨大パネルは魅力的です。

P1240451

放送はまだちょっと先になりますが、クオリティ高いLIVEを
お楽しみいただけますので、是非是非!
本放送:2017年5月 7日(日)22:30~23:50 NHK-FM
再放送:2017年5月12日(金)10:00~11:00 NHK-FM

2017年3月27日 (月)

西村匠平。Recording Custom

0013です。

ドラマー西村匠平さん。 新しく導入したドラムセットを使用
Recording Custom(WLN) 

P1240440BD20"×16"、FT16"×15"、FT14"×13"、TT12"×8"
SD14"×6.5"(RRS1465)

P1240434

P1240435 チューニングはスネア含め全体的に低め。太さを出すチューニングで
リズムの安定感増。スネアもスナッピーのザラ付き感も良い。


今日はm.s.t Pfの持田翔子さんとBaの小山尚希さんのユニットm.s.tに参加。

Image2西村さん。スティックのにぎりはマッチドグリップです。

2017年3月16日 (木)

Lee Ritenour & Japanese Friends 2017

0013です。

江戸川総合文化センター大ホール。

Lee Ritenour & Japanese Friends 2017 全国ツアー最終日。

Image1_2メンバーは、Gt:Lee Ritenour , Key:Otmaro Ruiz , Ba:Melvin Davis
Vio:寺井尚子さん , Sax:本田雅人さん , Dr:神保彰さん。

神保彰さん使用器材 Recording Custom(RW)
シンバルセッティングが高いので、タムとの分離が良いです。

P1240367

P1240368足元周り:HS1200T(ハイハットスタンド)、DFP9500C(フットペダル)

曲は、スローバラード~アップテンポまでと幅広く、神保さんも
スティック、マレット、ブラシと使い分け、サウンドにバリエーションを加えていました。

もちろん、効果は抜群!

P1240375

Lee Ritenour。 ムーディな楽曲ではSLG200N使用。
デリケートなヴィブラートを掛けての演奏が心地良い。

P1240366

P1240370

 メンバーの皆様 全国ツアー 大変お疲れ様でした!

P1240369



 

2017年3月15日 (水)

Recording Custom METAL Snare "RRS1455" 

0013です。

ドラマー。かみじょうちひろさん。
旧ブラススネアのSD4455から、RRS1455(ヤマハレコーディングカスタム
ブラス・スネア)に切り替え! 

P1240356 スネアヘッド交換中。

P1240345今日は9mm Parabellum Bullet

P1240352ドラムセットはPHXシリーズ+Zildjian

P1240350フロントヘッドもゴールド仕様!

バスドラムのマイクセッティング。実は左右で違うのです。
しかし、PHXは良く鳴るな~。

RRS1455。明るくい音色とスナッピーの吸い付きにより反応がグッと向上!

2017年3月15日 (水)

つるの剛士のエレクトーンチャレンジ! 川口千里 登場!

0013です。

今日はここサンリオピューロランドの近く! 久々に来た気がします。

1雲ひとつ無い 素晴らしく良い天気だな~っと。
さて、室内にこもりますか。

2016.12.09から#1がスタートした、つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!
すでに#14まで放送されています→ここクリック。過去の放送含め観られますよ。

本日はその撮影現場に行っていました。 
まずは、ツイン・エレクトーンの場面から。

P1240093まずは、yaSyaさん(ELS-02C)、つるの剛士さん(ELC-02)
ご両名からの場面からスタート。 仲の良い雰囲気が伝わります! 

さてさて、今日はドラマーの川口千里さんをお連れした次第です。

P1240098

使用ドラム器材は、DTX720K+SS662+DS840+DFP9500D

セッティングはこのように成りました。 ただいま準備中。

P1240096初参加の千里さんは、少し緊張気味ですが
お二人のトークが楽しくアッという間にリラックス!

カメラアングル、サウンドとチェックも済み、本番へと流れます。

P1240115

P1240113良い感じで進んでいます。かなりの盛り上がりようです! 

そして、これまたアッという間に#15~#18まで無事撮り終わりました。
つるの剛士さん、yaSyaさん、川口千里さん。大変お疲れ様でした!

最後に記念写真を一枚。

Image3

動画視聴は→ここクリック

エレクトーンステーションFacebookここ twitterここ

2017年3月14日 (火)

AKIRA'S Special Live Vol.3

0013です。

結成理由は、他に類を見ない”名前先行型スペシャル・トリオ”とでも言いましょうか
その名もAKIRA`S。 当然、氏名に”アキラ”が入っています。 
Key 井上鑑さん、Ba 岡沢章さん、Dr 神保彰さん。

P1240312年1回開催のこのSpecial LIVE。今年で3回目を迎えました!
なんとメンバーも一年振りの再会だそうです! 
音楽ジャンルが違うと、逢わないのですね。 ビックリです。

神保彰さん使用器材。
YD9000AJDTX+Zildjianのワンマンオーケストラバージョンで臨みます。

普段、あまり見られない 真上からの一枚。

P1240336シンバルの重なり具合分かりますか?セッティングの参考になるかと思います。
そして、12"タムとRIDEの位置関係にも注目。

P1240333
ライブは素晴らしいの一言! 
それぞれがそれぞれの楽器を知り尽くして、始めて成り立つ音を出し
そして音楽を聴かせて頂きました! 

P1240332

AKIRA‘Sに会えるのはまた来年ですが、楽しみにしています!

2017年3月 8日 (水)

くるり/QURULI ツアーはツインドラム!でした。

0013です。

何が飛び出すか毎回楽しみの くりるのステージ。

今回はなんとツインドラム!ドラマーはCLIFF ALMOND & 森信行さん。

Img_0314

今回二人が使用するドラムセットですが、あからさまに方向性が違うので面白いです。
先ずCLIFFから紹介。

Img_0317

PHXシリーズ。スネアはRRS1465 
Img_0295

続いて、森信行さんセット。へっ?このセットは??

Img_0315YD3000シリーズ。スネアはRTS1460A(ROCK TOUR)

Img_0325

Img_0321久々、このカラー(カバリング)を観ました! ラグの形状も然り。

このように、全く違う音色のツインドラムで臨んだ全国ツアーでありました。

Img_6658フットペダルはFP720復刻モデル)  
ビーターの削れ具合が最高です!そうなのです。
ビーターのみ前FP720から移動。

画面右隅のぐるぐるは、Spiral Stackerです。

2017年3月 8日 (水)

SEVENTH SON ドラマー正田泰。

0013です。

HR/HM Band SEVENTH SON LIVE。 

ドラマーは正田泰さん。 本日お披露目となるドラムセット!
LIVE CUSTOM(Emerald Shadow Sunburst)+HEXRACKII

Lc2サイズはBD24"×18"(LNB2418R×2台)、FT18"×16"(LNF1816)
FT16"×15"(LNF1615)、TT13"×9"(LNT1309)、TT12"×8"(LNT1208)
TT10"×7"(LNT1007)、TT8"×7"(LNT0807)、SD14"×7"(RLS1470

この多点セット。普通のスタンドで組上げると、思った位置に叩きたい楽器が
セッティング出来ないっ! スタンドの脚が上手く置けないっ!
な~んて事がしばしばあります。それに重量も相当なものになります。

HEXRACKIIはそれを解決出来るハードウエアです。
それに何よりも「さてさて、どうやって組もうかな~」と考える。これがまた楽しいのです!

Lc3真後ろからだと、全景が入らない。。。セットが大きいです。

フロア側から一枚。

Lc5

Lc8こちらは、ハイハット側。
シンバル枚数も多いですが、脚部は4本のみ!HEXRACKIIの良さが出てます。

ん~。多点セットはカッコイイです。
ド派手で重厚ですよ、正田泰さん!

Lc6

2017年2月25日 (土)

KKK-CORE

0013です。

WithKKK-CORE。エレクトーン+ドラム×2のトリオ。
エレクトーン 広原かおりさん。ドラム 菅沼孝三さん&川口千里さん。

エレクトーンの可能性を追求する広原かおりさんと
ドラムの可能性を追求する 菅沼孝三さん&川口千里さんの両名。
手数好き、ドラムバトル好きは超必見! しかもバトルという名の師弟対決です。

曲は、とにかく音数多く変拍子多いです。。。曲の頭から行方不明に成りそうな
楽曲もあります(笑)

P1240226

P1240224器材は STAGEA EVC-02RECORDING CUSTOM×2セット。
カラーは菅沼孝三さんはソリッドブラック(SOB)、川口千里さんはサーフグリーン(SFG)
ドラムのサイズは一緒ですが、ドラムヘッドとチューニングの違いで個性が発揮されています。
RECORDING CUSTOMの対応幅の広さを物語っています。

P1240222

P1240220

P1240221


タムの取り付け方法は二人共同じです。TH945Bの取り付け向きに注目。
このようにセットすると、タムがスネアに近いな~と思っている方。お試しあれ。


菅沼さんが、ステージ前に出てディジュリドゥを吹きまくる場面では
なんと、広原かおりさんがドラマーへと変身!マルチプレーヤー振りを発揮しています。

証拠写真。

P1240250

また、次回 楽しみにしています!

2017年2月24日 (金)

弓木流 Vol.2

0013です。

弓木流 Vol.2 

ここ、ハーモニックホールに帰ってきました~。

Photo_2

P1240164

主役の弓木英梨乃さん。
PACIFICA611HFMLSX26C、オリジナルギター。
アンプはMARSHALL/ASTORIA

P1240146

曲間を利用し、持ち替えスムーズ。

ベース。御供信弘さん。
前回はサイレントベースも使用してましたが
今回はBB2025X EDEN/TeraNovaとシンプルセッティング。 

P1240136

キーボード 渡辺シュンスケさん(Schroeder-Headz)。
nord Lead/nord stage 2

P1240144

難易度高いフレーズ多いのですが、そこは流石シュンスケさん!

ドラム 楠均さん。 弓木さんとはKIRINJIのメンバーとして活躍中。
ちょっと面白いセッティングです。  基本はAbsolute Hybrid Maple
アップルスパークルフェードのみ、Birch Custom Absolute使用。
バスドラムからタムを出さず、タムスタンドを使用してセッティング。

P1240152

P1240150基本はBD22”、TT12”、FT16”の3点。
それにサウンドを異なるTT10を加えたセッティング。
スネアはMSD0105(Maple Custom)。 

明確なコンセプトを設定した、コンセプト形式のライブ。
台詞もあったりして、見所満載! 

今回も完全入れ替えの一部、二部制。
目玉コーナーのゲスト様は遊佐三森さんと Negicco 。もう最高過ぎです!
全く違う雰囲気を味わさせて頂きました。 大満足。

P1240179

D52_0332

撮影=矢沢 隆則さん。

メンバーの皆様、ゲストのお二人、ご来場の皆様。
そしてそして、弓木英梨乃さん。 

大変、楽しいLIVEをありがとうございました!

P1240208

※ realsoundのライブレポートのURLも貼っておきます。→こちらクリック