2019年11月15日 (金)

『 Skoop On Somebody What is love?!! 』

こんにちは、EDGE editです。

11/14の夜は、Skoop On Somebody "What is love?" Release Live@ビルボードライブ東京に訪問。

Key&Pf/KO-ICHIROさん、CP88、MOTIF XS7使用。サポートGt&Key/磯貝サイモンさん、MOTIF XF7を使用されていました。 ※・・・楽器写真無くてすみません、、、、

こちら、shine素晴らしいミュージシャンの皆様shine

20191114sos1写真左から、Bs/種子田 健さん、Cho/佐藤 佳世さん、Cho/吉岡 悠歩さん、Key/KO-ICHIROさん、

Gt&Key/磯貝 サイモンさん、Dr/高田 真さん、素晴らしいメンバーの皆様です。

Skoop On Somebody webサイト ←こちらをクリック

2019年10月31日 (木)

杉真理&鈴木茂 featuring。ビルボードライブ東京。

0013です。

杉真理さん&鈴木茂さん featuring
Key中西康晴さん、Dr島村英二さん、Ba岡沢章さん、Key松本圭司さん。
の6人編成です。


先ずはKey松本圭司さんの使用器材。
上段:MODX 7、下段:nord piano3

Img_5235Key側から一枚。

Img_5218松本さんの横には、Key中西康晴さん。
使用器材MOTIFXS8

Img_5179お二人のチームワークは完璧。

ドラマーは島村英二さん。
使用器材はRecording Custom

Img_5236

Img_5232ツータム、ツーフロアのセッティング。
スネアはBSD1455NJR、ペダルはDFP9500C

ドラム側から一枚。

Img_5222ブラシワークの一コマ。左手でシンバルミュート!

Img_5186

素晴らしい演奏を聞かせて頂きました!

Img_5230

2019年10月31日 (木)

【yuri / Gacharic Spin】Gacharic Spin 10th Anniversary Special LIVE!!「最高最強伝説」

こんにちはupTTですgood

先日行われたGacharic Spin 10th Anniversary Special LIVE!!「最高最強伝説」@中野サンプラザにて、

ドラマーのyuriさんが使用したシンバルセットアップをご紹介sign03happy02shineshine

20191014_161658

様々なシリーズを組み合わせながら、とにかく派手な音を追求したセットは、

見た目もサウンドもパンチ抜群なセットアップとなっていましたimpactpunchbomb

20191014_161756

重ねシンバルの組み合わせにも大注目ですflairsecret

Yuri3↑↑↑18” S China on 12” fx Spiral Stacker

Yuri4↑↑↑10” S China Splash on 10” fx Spiral Stacker

Spiral Stackerは同じインチのSplashと組み合わせることで、

ビヨーンと飛び跳ねさせることが出来ますsecretsecretsecret

【Cymbal Set Up】
14” A Zildjian New Beat HiHat Top
14” A Zildjian New Beat HiHat Bottom
18” A Custom Medium Crash
19” K Custom Hybrid Trash Smash
20” A Custom Projection Ride
8” A Zildjian Flash Splash
10” S China Splash on 10” fx Spiral Stacker
18” S Trash Crash on 14” fx Oriental China Trash
18” S China on 12” fx Spiral Stacker
20” fx Oriental China Trash

2019年10月25日 (金)

DFP9C導入。ドラマー切通和孝

0013です。

DFP9C導入の切通さん。

6スネアの左側にDTX900MXP80をセット。ハイブリッドセッティングです。

7

4切通和孝さん。スネアは予備含め4台持込。

5メインスネアは上から2台目のRLS1470(ステンレス製)
上かNSD1455、RLS1470、YSS1450AJ、SD6105

この器材を使用し現在都内で絶賛リハーサル中です!



2019年9月30日 (月)

【堀之内大介/Base Ball Bear】Guitar!Drum!Bass!Tour~日比谷ノンフィクションⅧ~

こんにちはupTTですsmilegood

先日、Base Ball Bearのライブで

「Guitar!Drum!Bass!Tour~日比谷ノンフィクションⅧ~」

に伺って参りました❗️😆🍇

ドラマーは堀之内大介さん🔥🥁🔥

Bbb1

シンバルはAシリーズを中心に、様々なシリーズからチョイス💡

Bbb2学生時代から愛用しているという21” Z Mega Bell Rideは、今もお気に入りの1枚とのことでした😊👍✨

Bbb3

重ねシンバルの組み合わせにも要注目ですsign03secret

Bbb4

【Cymbal Set Up】
15” A Custom Mastersound HiHat Top
15” A Custom Mastersound HiHat Bottom
18” A Avedis Crash
20” A Avedis Crash
21” Z Mega Bell Ride
6” A Zildjian Splash
10” A Zildjian Flash Splash
10” A Custom EFX
18” S Trash Crash
18” S Trash Crash on 14” fx Oriental China Trash
20” fx Oriental China Trash

2019年9月26日 (木)

Niiisan’s 1stワンマンLive「1%」

PE-PEです。段々と涼しくなってきましたね。

さて、先日の3連休最終日、浅草花やしきに隣接する浅草花劇場へ、
Niiisan’s 1stワンマンLive「1%」にお邪魔しました。

RuiVo./Gt.のRUIさん!
先日導入していただいたFGX5を使用!今回のライブで初登板!
コードストロークでの音抜けも非常に綺麗に響いてました!

そしてサポートギタリストとして出演されていたのはこの方!

Photo_2阿部学さん!LLX36CAREと共に。
このギター、阿部さんに非常に気に入っていただけていて
お会いするたびにお褒めいただけるのがとても嬉しいです。
ナチュラルなLのサウンドがバンド、アコースティック編成のどちらも際立っていました!

そして阿部さんの足元ですがもちろんこちら!↓

Photo_3

LINE 6 Helix FloorHX Stomp
エレキはHelix、アコギはHX Stompからそれぞれ出力。
この2つ、サウンドクオリティもよく本当に使い勝手バツグンです!

ライブ本編も大盛りあがり!J-POPの名曲カバーもあり、あっという間な一時でした。

2019年9月19日 (木)

FP9導入~。ドラマー関口孝夫

0013です。

ドラマー関口孝夫さん。FP9C導入!

Img_4025_2「めちゃめちゃ踏みやすくて、使い心地最高です! 最大限に使いこなせるように
より良い音をだせるように、よりいろんな場面で使用していきます」と嬉しい
コメントまでありがとうございます!

Photoわおっ! ペダルが光ってる!
ドラムセットはRecording Custom。シンバルはZildjian。

益々のご活躍を楽しみにしています!




 

2019年9月17日 (火)

This Is Bottoms vol.44 

0013です。

ドラマーJah-Rah Presents。ドラマーの為のドラムセッションイベント。
This Is Bottoms" vol.44

Img_3568

ヤマハドラマーのお二人。これは中々無いツーショットです。

Img_3569O-JIRO(PENICILLIN)さんとJah-Rah(ソウルフラワーユニオン)さん。
音楽ジャンルが違うので普段中々会うことが無いですが、ドラムイベントは別なのです。
初参加のO-JIROさんからも、このイベントは凄く楽しいですね!と。

Img_3587なんとボーカルが靖乃さんが登場!叩くのは本人
曲は「ロマンス」。当然ですが盛り上がりましたっ! 

Img_3577最後はJah-Rahさんのプレイで締めました~。

ドラムセットはPHX(Maple/Chrome)。マイクはEAD10

Img_3571

2019年9月 9日 (月)

ドラマーズキャンプ開催!in つま恋・ミュージックガーデン 

0013です。

A Long Time Ago...ってスターウォーズ風を取り入れましたが
その昔、合歓の郷という地で”ヤマハビックドラマーズキャンプ”なる
ドラムキャンプを行っていました(覚えている方もいるかも知れません)。
そのドラムキャンプが平成を飛び越え令和で復活!と致しました。拍手。
開催地は静岡県掛川市にある”つま恋リゾート彩の郷”MUSIC GARDEN。

Img_3093

Img_3108ドラムキャンプといえばもちろん講師陣!
熱い気持ちの参加者達に対し集った講師陣はこのお三方です。
向かって左側から川口千里さん。菅沼孝三さん。今井義頼さん。

Img_3231菅沼さん以外のお二人もキャンプ初参加。

そろそろ集合時間です。
おっと、参加者が徐々に集まり始めました。

Img_3131ここで、各講師の担当ドラム部屋をのぞいてみましょ。

Photo先ずは今井義頼先生のレッスン部屋。
ドラムセットはLIVE CUSTOM HYBRID OAK×2、DTX400シリーズ

Photo川口千里先生のレッスン部屋。

Photo_2ドラムセットはAbsolute Hybrid Maple×2、DTX400シリーズ

Photo_3

そして菅沼孝三先生のレッスン部屋。

Img_3087この部屋は発表会も兼ねつつ現行ドラムセット(PHXAbsolute Hybrid Maple
Recording Custom、LIVE CUSTOM HYBRID OAK)&Zildjianシンバルの
音色確認含め”叩ける部屋”をそのままレッスン教室として使用。

Photo_4

参加者全員に練習パット(TS01S、TS01B)&フットペダル&譜面台を用意。

Img_3191

参加者は3名の講師を順繰り回るのです。

Img_3271個人練習部屋はアコースティックドラム部屋とエレクトロニックドラム部屋を用意。

夜は講師陣のスペシャルプログラム。
それぞれのドラムセットを用意。

Img_3233向かって左から川口千里先生が叩くAbsolute Hybrid Maple(PCS)
真ん中は、菅沼孝三先生が叩くRecording Custom(SOB)
向かって右、今井義頼先生が叩くLIVE CUSTOM HYBRID OAK(UMS)+DTXM12
全てのセットにEAD10をセットアップしています。

何が飛び出すが分からない演奏ですが
流石セッション慣れした面々。ドラムを楽しそうに叩く姿が実に印象的でした!
しかし、凄かったです...

Img_3228食事も美味かった。

Photo_6

Img_3165_2参加者も講師陣ももちろんスタッフも皆一緒!
最後は発表会~。

Img_3276皆の前での演奏は緊張しますが、もう最後なので思いっきりドラム演奏に集中!

Img_31682泊3日。アッという間に終わってしまいました。

Photo_7今回、ドラマーズキャンプに参加頂き誠にありがとうございました!
そして菅沼さん。今井さん、千里さん。心より御礼申し上げます。

◆おまけ画像。つま恋の歴史。

Img_3182掛川市の人口の倍(?)くらいの人が集まった伝説の野外ライブ。

Img_3181QUEEN初来日。
つま恋のエキシビジョンホールはツアーに組み込まれていたのですよ。
知らなかったでしょ。 

その他。イベントの数々です。

Img_3180








2019年9月 9日 (月)

Advanced Lightweight Hardware導入。ドラマー切通和孝

0013です。

en-Ray アコースティックライブに今回パーカッションとして参加した
切通和孝さん。

CS3(シンバルスタンド)×4本導入。

Img_4522

その内2本を”ショート”にして使用!

Img_4544左右は同一品番なのですが、なんと短くできる優れものなのです。
更に軽量化となります。

Img_4567Zildjianスプラッシュ×2(K Spalsh10"&Oriental Splash9”)とツリーチャイム×2





2019年9月 2日 (月)

『 貴水博之 ワイルドタマシイ!! 』

こんにちは、EDGE editです。

9/1(日)、HIROYUKI TAKAMI TOUR 2019 Love&Victory -ワイルドタマシイ-@Zepp Tokyoに訪問。

Key&マニピュは、守尾崇さんです。

201909011

MONTAGE6、CP4 STAGEを使用しています。MONTAGE6では分厚いSuperSaw、SynLead、オルガン、エレピ、SynCompなど、ダンサブルな曲からロックまでとても存在感のある音色を演奏されていました。CP4 STAGEはしっとりとバラードでピアノを聞かせてくれました。MONTAGEに精通している守尾さんの音色作りは流石ですねshine

ツアーはまだ続きます、参加される方はお楽しみにsign03

貴水博之 webサイト ←こちらをクリック

2019年8月29日 (木)

松井祐貴 SOLO LIVE “Heart-Strings”actⅦ

PE-PEです。

気温がちょっと下がって来たかと思いましたがやはりまだ暑いですね。。。

さて、今回は8月3日(土)夏本番真っ只中に関内ホールで行われた
「松井祐貴 SOLO LIVE “Heart-Strings”actⅦ」
にお邪魔してきたときの記事です。

Matsui_yuki_san松井祐貴さんとHX Stomp

先日から使用いただいているHX Stompが今回大活躍!

Matsui_yuki_san_gear
マグネティックとピエゾピックアップをステレオ入力し、
パラレルでそれぞれに音色を調整して出力されていました。
そして今回はSend Retrun端子を使用し、外部のリバーブも連携!

非常に音の抜けがよく、ナチュラルなサウンドで聴いていてとても気持ちが良かったです!
松井祐貴さんソロライブお疲れ様でした!

2019年8月23日 (金)

【ドラマーkomaki】SUGIZO 聖誕半世紀祭 HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.

こんにちはupTTですsmilegood

7月に中野サンプラザホールにて行われた、

SUGIZO 聖誕半世紀祭 HALF CENTURY ANNIVERSARY FES.へ伺って参りましたshineshineshine

ドラマーはkomakiさんnotes

Komaki1

シンバルはオールドを含め、AKzbtなど様々なシリーズからチョイスflair

Komaki2

随所にこだわりの光るshine見事なバランスのセットアップとなっておりましたsecret

Komaki3

Komaki4

【Cymbal Set Up】
14” K Zildjian HiHat Top
14” A Zildjian New Beat HiHat Bottom (Old)
16” A Custom Crash
18” A Custom EFX
18” K Zildjian EFX
10” K Zildjian Splash
10” zbt Splash
14” A Zildjian New Beat HiHat Top (Old)
14” A Zildjian New Beat HiHat Bottom (Old)
18” K Zildjian Dark Crash Thin
14” fx Trashformer
18” A Zildjian China (Old)

サマーキャンペーンのキーホルダも気に入っていただけたようでしたよsign03sun

2019年8月19日 (月)

DTXperiment Mini LIVE

0013です。

今井義頼プロジェクト”DTXperiment” 
アコースティックドラム+エレクトロニックドラムのハイブリッドセッティング
を強力に推し進めているプロジェクト。
今回、更にセッティングを変えたのでご紹介。

Img_2793全体像はこちらです。ドラムセットはLIVE CUSTOM

Img_2787通常ライドシンバルがある位置にDTX-Multi12をセット。
そうです。ライドシンバルが無いのです。その横にはXP100×2

Img_2786DTXパット(XP80)×3に加えシンバルパット(PCY)を導入。

Img_2789スネアとバスドラムにはトリガー(DT50S & DT50K)を装着
音源の写真を撮り忘れてしましましたが、DTX900Mを使用しています

Img_2783バスドラムにはEAD10。すぐ横にはDT50K

Img_2778

正面から見てもスタンド本数を極力少なくしているため、ド派手にならず
まとまりある印象を受けます。

そして、ギタリストは阿部学さん。もうDTXperimentには欠かせない存在です。
阿部さんの足元にはLine6 / Helix-Floor+G10S(ギター本体にトランスミッター)

Img_2772

Img_2795ドラムからドラム音はもちろんの事、ベース音、シンセ音、他パーカッション
その類etc。
ギターは、もちろんギター音と重要な曲のメロディを奏でています。



2019年8月10日 (土)

氣志團現象Ⅴ「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」ドラマー叶 亜樹良

こんにちはーsign03TTですsunshine

6月、中野サンプラザにて行われた、

氣志團現象Ⅴ「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」

にて、ドラマーの叶 亜樹良氏がご使用になったセットアップをご紹介sign03happy01secret

1

シンバルはAシリーズを中心に、Sシリーズと組み合わせてバランス良くセットアップflair

2

クラッシュにはウェイトの重いものを選び、

パンチのあるサウンドがとても印象的でしたpunchpunchpunchimpact

3

4

【Cymbal Set Up】

14” A Avedis HiHat Top

14” S HiHat Bottom

18” S Rock Crash

19” A Zildjian Heavy Thrash Ride

22” A Zildjian Medium Heavy Ride

20” A Custom China

20” A Custom China

暑い日が続くので、皆さん体調には十分お気をつけくださいsign03yachtpenguin

2019年8月 9日 (金)

『 ちゃんMARIさん、来訪!! 』

こんにちは、EDGE editです。

暑い日が続きますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか??何事も無理なさらずshine

そんな暑いなか、ちゃんMARI/ゲスの極み乙女。さんがARTにいらっしゃいました。

20190808mari

今回はNordの試奏です。今後のライブに向けて新たな機種を検討中!!バージョンアップした機能や、新機能に関心を持ちつつ、自身での音色作りの幅を広げるべく色々とお試し&試奏頂きました。次回はライブにも伺ってきたいと思います。

ゲスの極み乙女。webサイト ←こちらをクリック

2019年8月 9日 (金)

氣志團現象V「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」         ギタリスト西園寺 瞳

PE-PEです。

6月のお話になりますが、中野サンプラザで行われた氣志團のGIG、

氣志團現象V「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」にお邪魔してきました

ギタリストは西園寺 瞳さん!

Photo  
ステージ上にはMarshall 1959+1960AX とJMP100+1936がセット!あれ?後ろにも壁が・・・?

西園寺 瞳さんが奏でるイカしたMarshallサウンドにシビレました!


GIG本編は氣志團の皆さんが奏でるヤンクロックと様々な仕掛けで会場は大盛り上がりでした!

2019年8月 6日 (火)

MIKE STERN BAND featuring AKIRA JIMBO

0013です。

MIKE STERN BAND公演。 

Img_e2637ドラマーに神保彰さんが参加。今回MIKEと共演です。
しかも”初”共演です。これは凄い!

Img_2632使用セットはYD9000AJ フロントヘッドは還暦バージョンです。
ペダルはDFP9500C 
ドラムのサウンドチェックがアッという間に終わったのには驚きました。

P1270976同じステージに立ってます!音出しています! 
MIKIの指使いは滑らかでありダイナミック。指板を駆け巡ります。
MIKEのギターはPacifica1511MS

MIKEの後ろにあるのは、お久しぶりのSPX90 & SPX90II

Img_2631

Img_2624

おまけ画像。
ピックガードにサイン入れ中。

Img_2628

2019年8月 5日 (月)

人間椅子三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアーファイナル  

PE-PEです。

先日人間椅子三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアー

ツアーファイナルが行われた豊洲PITへVocal&Guitarの和嶋慎治さんにお会いしてきました!!

Marshall1987_1960tv
和嶋慎治さんとこの日のメインアンプMarshall 1987(生産完了品)+1960TV

この組み合わせから出力される和嶋さんのサウンドに最高にシビレました。

そしてこの日はアンプがもう一つ!

Sv20c
Marshall SV20C!1987のスタックに比べると大分小さい!

この日はテルミン用&サブ機として使用いただきましたが、会場によってはメインアンプとして使用され、
「1987と比べても音量以外違和感がなかった!」とお墨付きをいただきました!

Photo
更にボードにはEarthQuaker DevicesのSpeaker Crankerも!

和嶋さんにはこちらもお気に入りいただいております。ご愛用ありがとうございます!

 

改めて人間椅子30周年おめでとうございます!新青年ツアー本当にお疲れ様でした!

2019年8月 3日 (土)

『 槇原敬之コンサートツアー2019!! 』

こんばんは、EDGE editです。

7/27(土)、槇原敬之 Concert Tour 2019 Design & Reason 2019@NHKホールに訪問。

バンマス&Keyは、トオミ・ヨウさん。

201907272

CP4 STAGE、LS36を使用。

もう一方Keyは、横山裕章さん。

201907271

MONTAGE8を使用しています。お二人とも鍵盤を演奏するのですが、メインのピアノは横山さん。曲ごとにピアノ音色を用意し、曲にあった音色で演奏されています。CFXピアノの伸びのある音色はとても綺麗でした。トオミさんはピアノも弾くし、ギターも弾くし、リコーダーも吹きマルチに様々な楽器を演奏されます。槇原さんの歌声、他バンドメンバーの素晴らしい演奏で会場もとても盛り上がっておりました。皆様、ツアーお疲れ様でした。

槇原敬之 webサイト ←こちらをクリック