シンセサイザーアーティスト

2019年11月18日 (月)

『 refacerobot!! 』

こんにちは、EDGE editです。

11/16は、JSPA主催イベント「SYNTH FEST 2019@DESEO mini」にお邪魔してきました。

各シンセメーカーの展示は勿論、ステージプログラムも行われ会場には多くのシンセファンの方々が来場されていました。今回ご紹介したいのは、、、↓↓↓写真、、、「refacerobot」ですよsign03

20191

refacerobotは「anno lab」さんとのコラボレーションで生まれた企画で、refaceCSのすべてのサウンドパラメーターを自由自在に操作できるロボットなのです。これまでの操作では出会う事のなかった新たなサウンドを創出できるんですねぇ~shine

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

refacerobot making : https://youtu.be/m-Asjq0C4e4

refacerobot playing : https://youtu.be/uq_WHHp_i-E

anno lab webサイト ←こちらをクリック

SYNTH FEST、ヤマハブースはこんな感じでした!!

20193

20192

参加された皆様、お疲れ様でしたgood

2019年11月15日 (金)

『 Skoop On Somebody What is love?!! 』

こんにちは、EDGE editです。

11/14の夜は、Skoop On Somebody "What is love?" Release Live@ビルボードライブ東京に訪問。

Key&Pf/KO-ICHIROさん、CP88、MOTIF XS7使用。サポートGt&Key/磯貝サイモンさん、MOTIF XF7を使用されていました。 ※・・・楽器写真無くてすみません、、、、

こちら、shine素晴らしいミュージシャンの皆様shine

20191114sos1写真左から、Bs/種子田 健さん、Cho/佐藤 佳世さん、Cho/吉岡 悠歩さん、Key/KO-ICHIROさん、

Gt&Key/磯貝 サイモンさん、Dr/高田 真さん、素晴らしいメンバーの皆様です。

Skoop On Somebody webサイト ←こちらをクリック

2019年9月 2日 (月)

『 貴水博之 ワイルドタマシイ!! 』

こんにちは、EDGE editです。

9/1(日)、HIROYUKI TAKAMI TOUR 2019 Love&Victory -ワイルドタマシイ-@Zepp Tokyoに訪問。

Key&マニピュは、守尾崇さんです。

201909011

MONTAGE6、CP4 STAGEを使用しています。MONTAGE6では分厚いSuperSaw、SynLead、オルガン、エレピ、SynCompなど、ダンサブルな曲からロックまでとても存在感のある音色を演奏されていました。CP4 STAGEはしっとりとバラードでピアノを聞かせてくれました。MONTAGEに精通している守尾さんの音色作りは流石ですねshine

ツアーはまだ続きます、参加される方はお楽しみにsign03

貴水博之 webサイト ←こちらをクリック

2019年8月 9日 (金)

『 ちゃんMARIさん、来訪!! 』

こんにちは、EDGE editです。

暑い日が続きますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか??何事も無理なさらずshine

そんな暑いなか、ちゃんMARI/ゲスの極み乙女。さんがARTにいらっしゃいました。

20190808mari

今回はNordの試奏です。今後のライブに向けて新たな機種を検討中!!バージョンアップした機能や、新機能に関心を持ちつつ、自身での音色作りの幅を広げるべく色々とお試し&試奏頂きました。次回はライブにも伺ってきたいと思います。

ゲスの極み乙女。webサイト ←こちらをクリック

2019年8月 3日 (土)

『 槇原敬之コンサートツアー2019!! 』

こんばんは、EDGE editです。

7/27(土)、槇原敬之 Concert Tour 2019 Design & Reason 2019@NHKホールに訪問。

バンマス&Keyは、トオミ・ヨウさん。

201907272

CP4 STAGE、LS36を使用。

もう一方Keyは、横山裕章さん。

201907271

MONTAGE8を使用しています。お二人とも鍵盤を演奏するのですが、メインのピアノは横山さん。曲ごとにピアノ音色を用意し、曲にあった音色で演奏されています。CFXピアノの伸びのある音色はとても綺麗でした。トオミさんはピアノも弾くし、ギターも弾くし、リコーダーも吹きマルチに様々な楽器を演奏されます。槇原さんの歌声、他バンドメンバーの素晴らしい演奏で会場もとても盛り上がっておりました。皆様、ツアーお疲れ様でした。

槇原敬之 webサイト ←こちらをクリック

2019年7月31日 (水)

及川光博ワンマンショー2019「PURPLE DIAMOND Tour」

0013です。
及川光博ワンマンショー2019”PURPLE DIAMOND” TOUR FINAL

Img_2407メンバーのモニタースピーカーにツアーロゴ!

ドラマーは阿部薫さん。
Maple Custom AbsoluteZildjianの組み合わせ。

Img_1822チュー二ング中の一枚。
TT10",12",14",FT16",BD22”の組み合わせ。

キーボーディスト兼バンマスを務める、吉村龍太さん。

Img_1825MONTAGE8がドーーーン!

ステージはイメージカラーでもあるPURPLEが全面にバーーーン!と
眩いのです。

 ツアー全行程終了! お疲れ様でした。

2019年7月17日 (水)

『 LIVE DA PUMP 2019!! 』

こんにちは、EDGE editです。

6/13(木)は、LIVE DA PUMP 2019@日本武道館に訪問。

20190613dapump

Keyは、Gakushiさん。

20190613dapump1

今回バンドメンバーはGakushiさん一人ですので、いつもに増してシンセ並べてます。

20190613dapump_2

左手前から、MODX7、MODX6Nord LeadA1

左奥側、MONTAGE7、MONTAGE7Nord Electro5D61と、鍵盤がズラッとshineしかも全て斜めでのセッティングですimpact

20190613dapump_3

今回、DTX&PADZildjianシンバル&スティックも使用しています。

20190613dapump_4

ライブ途中での、Gakushiさんのソロコーナーは圧巻でしたgoodイヤー凄かったですhappy02

2019年7月 2日 (火)

『 角松敏生 "Tokyo Boys & Girls" !! 』

こんばんは、EDGE editです。

6/28(金)、"Tokyo Boys & Girls" TOSHIKI KADOMATSU Performance 2019@中野サンプラザに訪問。

Keyは、森俊之さんです。

201906281

今回ツアーから、CP88を導入、とても気に入って使用して頂いています。使用音色は、CFXピアノ、ピアノ&エレピレイヤー、ピアノ&DXエレピレイヤー、バラード曲ではベーゼンピアノも使用されています。ベーゼンピアノは、音色と鍵盤のマッチング、音色キャラクター違いの広がりのある音色が気に入られているようです。

201906282

角松さんサウンドに欠かせない、ピアノ&DXエレピレイヤー音色もとても素晴らしい音色にEDITされており、バンドサウンドにマッチしていました。

森さんには今後、CP88の色々なセッティングをレクチャーして頂きたいと思います。

2019年5月 7日 (火)

ASKA Made in ASKA~40年のありったけ~追加公演

0013です。

日本武道館です。

Img_0885ASKA CONCERT TOUR 2019
今日から追加公演TOURに突入です!

ドラマーは菅沼孝三さん。

Img_0889

Img_0890Recording Customの多点セットですが、HEXRACKIIを使用しているため
理想とする位置にタムをセッティング出来、足物もスッキリしています。

Img_0897打面ヘッドもクリアからコーテッドヘッドへ交換。
落ち着いた楽曲が多いためですね。

そして、バンマスの澤近泰輔さん。
CP88をステージチェック。音色、鍵盤タッチ、質感も好みですよ!とコメント。
この後控えてる海外公演ではCP88を持込ますよ!

Img_0893

2019年4月19日 (金)

『 EXO-CBX "MAGICAL CIRCUS" 2019 』

こんばんは、EDGE editです。

4/16(火)、EXO-CBX "MAGICAL CIRCUS" 2019 -Special Edition-@さいたまスーパーアリーナに訪問。

おなじみ、バンマス&KeyはGakushiさんです。

20190416gakushi2_2

MONTAGE7はSynBrass、SynLead、他シンセ系音色を使用、SynBrassの音色はかなり作り込んでいます。MX49もシンセ系をメインにこちらでも特徴あるSynBrassを使用しています。MX49のSynBrassもヌケが良く存在感タップリの音色です。

20190416gakushi4

MONTAGE8では、ピアノ、エレピを中心に曲によって音色を使い分けており、ピアノ&ストリングス、ピアノ&SynPad、エレピ&ストリングスなど、レイヤー音色を多数用意しており、曲の雰囲気によってレイヤー音色のVolをコントロールしています。

20190416gakushi3

↑↑写真のオレンジテープが貼ってあるスライダーでレイヤーパートのVolコントロールを行っています。

今回のメンバーはこちらsign03

20190416gakushi1

左から、Dr/白根佳尚さん、Key/Gakushiさん、Gt/馬谷勇さん、Bs/瀧本風喜さん、です。

今月いっぱいツアーは続きます。