シンセサイザーアーティスト

2022年8月 3日 (水)

ラテンジャズビックバンド”熱帯JAZZ楽団”

0013です。
久しぶりに江東区にあるティアラこうとう大ホール(江東公会堂)へ。

Img_4460カルロス菅野さん率いるTropical Big Band 熱帯JAZZ楽団 LIVE 2022
2020年。バンドはコロナ禍の中で結成25周年を迎えました。おめでとうございます!sun
ですが、記念イベントが軒並み出来ず…本日の公演は25周年記念LIVEの延期分です。
やっと開催出来ました~!

Img_4444


ドラマーは平川象士さん。
一つ一つ確認しつつ丁寧に取り付けています。

Img_4415

Img_4419スリータム、ツーフロア仕様。ヘッドはコーテッドを使用中。
ドラムセットはAbsolute Hybrid Maple
シンバルはZildjian。配置は1ハイハット、2クラッシュ、1ライド、
1スプラッシュ、1エフェクトです。 

Pfは森村献さん。器材はシンプルにMONTAGE8一台。

Img_4411

Per 岡本健太さん。
熱帯JAZZ楽団ではCongaを担当していますが

Img_4437自身のバンドWu-xingではリーダーでありドラマーでもあります。
ドラムセットはLive Customです。サスティン短めの歯切れ良いチューニングで
攻めたプレイを聞かせてくれます。

Img_4440それもあって、平川象士さんがパフォーマンスを行っている時には岡本健太さんが
ドラムを演奏いたします。 この辺りも楽しみの一つです。

私的にはいつかお二人のツインドラムが見たい聞きたい!

平川象士さんによるスティックトリックコーナー!good
これがめちゃカッコイイんです

Img_4452

客席に目を向けると。PA卓はCL5
ふとアナログ卓の時代を思い出してしまいました。
あの時代のPA卓はデカかったなと…。

Img_4441

2022年8月 2日 (火)

TOYOSU PITにGacharic Spin登場。

0013です。

個人的にも久々の豊洲PIT 良い天気で嬉しいです!

Img_3728

おっと、すでに列が出来てます。

さてさて、器材からですが、スネアドラムにセットされたマイクに
注目してみましょう。

Img_4201赤丸で囲みましたが、打面へッドに1本。裏ヘッドに1本。シェル狙いの1本
計3本使用しています。この辺りはPAエンジニアによって個性が出ます。

ドラマーyuriさん。腕の振りに合わせ衣装も大きくダイナミックに動きますが
袖口が絞られたデザインなので演奏に支障無し!good 
各楽器の演奏スタイルを理解しているスタッフに囲まれてますね。

Img_3786

ドラムセットは”ヤマシロ”ことヤマハアブソルートハイブリッドメイプル
名称が長い!。でも良いんです長くて
シンバルのフェルトも白でコーディネートしているところもポイントです。

Img_e3793

ステージデザインの一旦を担っているのはメンバーの写真なのですeye

Key/Vo オレオレオナさん。
この明るく元気な感じとバラード曲で聴かせるプレイスタイのギャップに
皆がモエておりますよ!

Img_3782

鍵盤はnord electro 6HP。赤いカラーで目立ちます。
時には過激にプレイしたり、時にはクラシックピアノのように
繊細なタッチで聴かせたりと様々な表情をこの鍵盤を通し表現していますsun

そして、次回絶対に合う日のお知らせgood
2023年2月23日。場所はLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
どんなライブに成るのか今からワクワクしちゃいますsun

Img_3774



おまけ画像。
Vo アンジェリーナ1/3さん使用のLine6のマイク。ん?なにかが違う。 

Img_3725

Img_3796





2022年6月23日 (木)

DA PUMP LIVE TOUR ”DA POP COLORS”

0013です。

今日は日本武道館。
LIVE DA PUMP 2022 ARENA TOUR ”DA POP COLORS”
先ずは”25周年”おめでとうございます!sun

Img_2777バンド体形で臨むLIVEは久し振りのDa Pump。
幕張メッセまで走り抜きましたので。Blog アップします。

久々にこのステージに帰ってきたドラマーの岸田容男さん。
FunkyなGrooveが最高ですgood

Img_2799Recording Custom
ハイテンションラグがポイント。材はBirch材です。

Img_2752

ギタリストはKBさん。@yukinoriKBinoue
Line6-HELIX RACKMOTIFXF6 、SLG200N

Img_2758

Img_2749_2

360度器材で囲まれていますが、足回りの配線がスッキリしていて実に美しい。

キーボーディストはAriaさん MODX6,MODX7YC61(後方下段)

Img_2792斜めセッティングですよeye
ステージ上手、下手共にシンセは斜めセッティングです!good

最後はバンドマスターでもあるGakushiさん。
DTXパット叩いたり、シンセベースでGrooveを叩き出したり、ピアノで聴かせたり
と才気煥発の活躍sun

Img_2796_2

PhotoMONTAGEMODXを配置 XP100T(DTX-PAD)。
音源(DTX502)は赤い→の位置にセッティング

Gakushiさん目線。
如何でしょう。ステージ上からは一番上の席まで、ちゃ~んと見えているのです。
しかも、ハッキリくっきりと。

Img_2745斜めセッティングは、演奏者側からはこの様に見えてます。
中々、レアな一枚だと思います。

今から次回のLIVEが楽しみです!







2022年3月24日 (木)

Gacharic Spin アンジーなりの成人式

0013です。 

Gacharic Spin Live。「アンジーなりの成人式」~夢は口に出せば叶う!!~
Zepp Haneda TOKYO

Img_8283

1月10日。この日の模様が【3月26日】から配信スタートしますsun

Img_8361二十歳か…。私には遠い昔の記憶ですが大勢の方々にお祝いしてもらえるって
ほんとステキな事だと感じます。
改めておめでとうございます!sun

ステージ後方。Dr yuriさんとKey&Vo オレオレオナさん。
収録有の為、カメラチームが入念にセッティング中。

Img_8306yuriさん使用器材:Absolute Hybrid Maple(AMT1007,1208,AMF1615(AMP6F3)
AMB2216) 
AMP6F3=AMT1007,1208,AMF1615+TH945Bというパッケージです。
タムホルダーが同梱されていますのでお得かと。

Img_8354Zildjianシンバル多めです。
Splash,Spiral,Chinaとアクセント系のバリエーションも充実。


バスドラムにはEAD10をセッティング。自身のモニター用として活用しています。

フットペダルはDFP9500C

Img_8353

Img_8319

楽屋前でyuriさんをパシャリ。ライブが楽しみで仕方ない!

Img_8285

オレオレオナさんヤマハ関連の使用器材:nord electro 6HP

Img_8296

Img_8352

パネルにアクリルカバーを取り付けています。
激しいステージパフォーマンスの中では、欠かせないアイデアの
一つgood


オレオレオナさんとGtのTOMO-ZOさんのツーショットscissors

Img_8351今年一発目のLIVEはもちろん大盛況。
声は出せませんが大きく暖かな拍手に包まれましたgood

人気講談師の神田伯山さんから楽屋花が。第2回で登場しましたのでeye
アンジー(アンジェリーナ1/3)さんと一枚撮らせて頂きました。
Img_8362

昨年以上にパワフルでパッピーなステージが楽しみで仕方ないです。




2022年3月 2日 (水)

Get The Classics ASKA premium concert tour-higher ground-アンコール公演

0013です。
有明ガーデンホール。

Img_9487天気は良いが寒い…。

Get The Classics ASKA premium concert tour-higher ground-アンコール公演
会場ロビーの写真を一枚。

Img_9493

今回のツアー。ドラマーはSATOKOさんですgood

Img_e9500お洒落なチャイナドレス&お洒落シューズ。めちゃステキです!good


今回使用しているドラムセットはPHXHEXRACKIIでセットアップ。
タムタムのチョイスが独特で小口径と言われる、8”、10”を使用しています。
フロアタムは16”、バスドラムは22” シンバルは全てZildjian。
しかし、良く鳴るドラムセットです。

Img_9489ドラムセットは遮音の為、アクリルボードで囲われています。
このドラムセットはそうです。故菅沼”手数王”孝三さんのセットですsun

Img_9496

フロントヘッドもそのまま。今回のツアーは親子共演と言わせ頂きます!sun


フットペダルはDFP9500D(ダイレクト)

Img_9510ビーターはBT950のプラスティック面を使用。
パワーあるバスドラムサウンドを出していますが、ビーター角度は
決して深くはありません。

そして、バンマス+ピアノ+シンセ+アレンジャーそしてストリングスチームへの
気遣いと多忙を極める澤近泰輔さん。いつも思っていますが凄い人です。
使用器材はピアノ+MONTAGE 8

Img_9508

 渋いです。最高です。








2022年2月 8日 (火)

THE CHOPPERS REVOLUTION トリプルベース、ツインドラム。

0013です。
2021年訪問。

The choppers revolution。通称”チョパレボ”
前代未聞のトリプルベースというだけで尋常では無いのですが
毎回は更に強烈なインパクトとなりました!

Img_6676

向かって左からDr/坂東慧(T-SQUARE)さん。Ba/IKUOさん。Ba/村田隆行さん
Ba/鳴瀬喜博(CASIOPEA 3rd)さん。Key/白井アキトさん。Dr/川口千里さん
そうです、坂東慧さんと川口千里さんのツインドラムです!good
@BandohSatoshi @senridrums

ヤマハ使用器材をご紹介。
先ずはKey/白井アキトさんから。

Img_6612MODX7CP88の組合せ。

Img_6611

LIVE CUSTOM HYBRID OAK(UISカラー)。坂東慧さん使用セット。
PHXシリーズ(TQFカラー) 。川口千里さん使用セット。

Img_6682画面右が坂東慧さん。左は川口千里さん。
両名共にBD22の1バス、TT10,12,13の3タム、FT14,16の2フロアと同じサイズ。
フットペダルが映っていませんが、坂東さんはDFP9C、千里さんはDFP9D

Img_6628
普段見られない場面に遭遇。千里さんのプレイを撮影中の坂東さん。
ツインドラム自体少ないので、お互い興味深々なのではないかとeye

Img_6623ベーシストの村田隆行さん。
なんと、ご自身のTRB-6P持込。

Img_6615自慢の一品だそうです。木目も綺麗に出てます。
ありがとうございます!good






2022年2月 2日 (水)

T-SQUARE YEAR-END SPECIAL 2021

0013です。
2021年年末。

年末恒例の成っています”T-SQUARE YEAR-END SPECIAL 2021” 
今年も日本橋三井ホールに行きました。

日本橋三井ホールからの一枚。

Img_8035

新体制になり初の年末LIVE。※コロナ禍の為カウントダウンではありません。
ドラマー坂東慧さん。

Img_8009ドラムセットはLIVE CUSTOM HYBRID OAK(UIS)

Img_8059フットペダルはDFP9C。ビーター角度は出荷時より若干浅めにセッティング。

Img_8044フロント部。Zildjinaシンバル類の傾け方に注目。セッティングに決まりは
有りませんが、一般的は手前に傾ける又は水平が支流。
でも、坂東さんは違っています!eye

Img_8023

ギターYUMA HARAさん。足元器材。
水色Line6 HX-EFFECTS。赤色〇EPI-L6(Mission Engineering)

Img_8017_2

シンプルながら理にかなったセッティングです。

キーボーディスト。白井アキトさん&松本圭司さんのお二人。
先ずは白井アキトさん器材。

Img_8058上段:MODX7。下段:CP88

続きまして松本圭司さん。このステージに帰ってきたのは…。
約20年振りくらいでしょうか?? 私が感激しているくらいですので
熱烈なファンの方からしたら、それはそれは嬉しいことだと思います。

Img_8056上段:MOTIF XF6。下段:CP1

このお二人の談笑場面は見られて感激です!good

Img_8037

このステージ袖からの並びにまた感激!
手前から松本圭司さん、白井アキトさん。カメラマンを挟んで
一番奥が坂東慧さん。

Img_8048

動画撮影中の坂東さん。

Img_8024






2021年12月 9日 (木)

ユニコーンツアー2021“ドライブしようよ”ABEDON✕Marshall

PE-PEです。

先日ツアーファイナルを迎えたユニコーンのKey. & Vo. & Gt.と多才な活躍を魅せる
ABEDONさんよりこのような写真が届きました。

Abedonmarshall_sv20cABEDONさんとMarshallSV20Cのツーショット!

ツアー後半より使用を開始。なんと今回はギターアンプとしてではなく、オルガンのアンプとして使用!
Marshallアンプによって「ドライブした」オルガンサウンドが非常に心地良かったです。

SV20Cを試すまで色々と試されたそうですが、この組み合わせが一番良かったとコメント。
非常に嬉しいです。ABEDONさん、ありがとうございます!

2021年11月30日 (火)

かつしかトリオ・デビュー 

0013です。

かつしかシンフォニーヒルズにて定期的にワンマンオーケストラ公演を
行っていた神保彰さん。
それが切っ掛けとなり派生したビックプロジェクト。
Keyに向谷実さん。Baに桜井哲夫さん。そしてDrに神保彰さんというメンバーが集結し
結成されたその名は「かつしかトリオ」 本日がファーストライブです。

Img_5649

神保彰さんのドラムセットはワンマンオーケストラセット(YD9000AJ+DTX
ドラム以外の音色を奏でる必要がある為、DTXは欠かせません。

Img_5591

Img_5624

向谷実さんの使用器材はMONTAGE7MONTAGE8

Img_5594

Img_5608

Img_5603

Img_5595

Img_5619入念なリハーサル。出音もですが各メンバーのモニター決めにも時間を要します。

かつしかトリオですが、私は最初”なつかしトリオ”と聞き間違えた程でした...

Img_5674また、来年も開催されると嬉しいです。

2021年11月22日 (月)

T-SQUARE alpha 始動。

0013です。

Blue Note Tokyo から新たな歴史がスタートしました。

Img_5883Dr 坂東慧さんとSax 伊東タケシさんのユニット体制となった初LIVE
(2days初日)

ドラマー坂東慧さん。グラスを片手に余裕の表情です。

Img_5876ドラムセットはLIVE CUSTOM HYBRID OAK
3タム、2フロアの多点セット。ダブルタムスタンドを多用しています。

Img_5872フットペダルはDFP9C
ユニバーサルジョイン(連結ジョイント)の長さ角度等々、
調整箇所が確認出来ます。

Img_5865

シンバルはZildjian Hybridシリーズメインの組み合わせで使用。

Img_5866

Img_5867

ギタリストは両日参加のYUMA HARAさんです。

Img_5863

Img_5862

HX EFFECTS導入していますので、足元はシンプルにまとまっています。 
かなり緊張していたと思いますが、勢いあるギターと新たなフィーリングは
新風そのもの。素晴らしかったです!

キーボーディストは佐藤雄大さん。

Img_5856緊張はしていたと思いますが、先日Line Cube Shibuyaで行われたイベント
にも参加した経緯がありますので。問題無し!

使用器材は上段にMOTIF XS7、下段にMONTAGE8

Img_5885

新しいミュージシャンがバンドにパワーを注入し
新生T-SQUARE”ALPHA”スタートしました!scissors 誠におめでとうございます!

Img_5887