ドラムアーティスト

2021年9月15日 (水)

Live Crew 2021 in EX Theater Roppongi

0013です。


EX Theater Roppongiで行われたLive Crew 2021
Raychell Bandのドラマーとして関口孝夫さんが参加!

Img_4388

使用セットはLive Custom Hybrid Oak(カラー:UZU マグマサンバースト)

Img_4386

大塚紗英 Band Membersのドラマーにmikaさんが参加。
ドラマー同士のツーショットgood 

Img_4389mikaさん。今日のイベントでは関口さんのセットを叩いたのです。
しかも何と!スタンド類の高さを変えず関口さんのセッティングそのままに
叩いたとの事!eye  わおっ、これは凄い事です!
人のセッティングって叩きにくに筈なのに…。

シンバルは二人のセットをMIXして使用しました。

Img_4387スネアの打点ご覧ください。安定したショットなのが伺われます。

2021年9月 8日 (水)

Recording Custom導入。ドラマー波多江健 

0013です。

CHEMISTRY、米澤美玖他精力的に活躍中のドラマー波多江健さん。
Recording Custom導入!good 本日初使用との事で訪問してきました。

Img_3909Recording Customの特長はハイテンションラグ。遠目からでも目立ちます。
BDサイズは20インチ。カラーはブラック。
弱音でのプレイでも”トン”とソリッドなアタック音が気持ち良い。

Img_3900新品へッドです。
出荷時にはコーテッドヘッドが張ってありますが、クリアヘッドへ交換。
最近クリアのサウンドが好みとの事。

Img_3903

Img_3906






2021年9月 3日 (金)

-真天地開闢集団-ジグザグのドラマー影丸。トリプルバスドラム!

0013です

-真天地開闢集団-ジグザグ
KT ZEPP YOKOHAMA ハキュナマタタ 関東編
 
多点セットを操る影丸さん。→ Twitter @zigzag_kagemaru
当日Ryhthm&Drums magazineの取材も入っていましたので
掲載後にアップと致しました。

1234Absolute Hybrid Maple(JGS)

バスドラム-AMB2418,ABM2216,AMB2016-
フロアタム-AMF1615-
タムタム-AMT1412,AMT1309,AMT1208,AMT1007,AMT0807-
スネア-RLS1455(ステンレス)‐
多点セットながら、各ドラムはサスティン短く調整されているので分離良いです。

Img_1445

Img_1404_2タムの並びが興味深いです。


ドラムセット後方から一枚。
影丸さんからは、客席後方までしっかりと見えているのがこの画像で
分かると思います!good 

Img_1420後ろに予備スネアを用意。こちらはRAS1455(アルミ)

Img_1449足回り。フットペダルはFP9C(22",20"用) DF9500C(24”用)
スネアはRLS1455BSD1050

 

Img_1403

会場正面入口。 先ずはこちらで一礼。

Img_1452

2021年8月31日 (火)

ドラマーShinpei。anfiel SUMMER LIVE 2021に参加

0013です。

Img_3765SHINJYUKU WALLY

ドラマーShinpeiさんがサポートドラマーとして参加したビジュアル系バンド
anfiel(アンフィル) Live。なんとShinpeiさん今日が参加初となるLIVE!
ドラムセットはRecording Custom

Img_3772RBB2016,RBP4F3(RBT1413,RBT1208,RBT1007,TH945B)
カラーはSOB(ソリッドブラック)

Img_3774スネアはRRB1365(13”×6.5” ブラスシェル)、フットペダルはDFP9C(チェーン)

セット全体は一回りコンパクト仕様ですが、その分立ち上がりも早く全体的に
キレがあるドラムサウンドが特長です。

Shinpei

2021年8月26日 (木)

MAKOTO OZONE New Projectに参加。ドラマーきたいくにと。

0013です。

わおっ! なんと!ステージ上に有るはずの楽器が客席にセットアップされてます。
流石Blue Noet Tokyoscissors

Img_3470

ステージ上、お洒落な空間を演出。粋な計らいですね~good

Img_3472

MAKOTO OZONE "OZONE 60 in Club"New Project "From OZONE till Dawn"
PartⅢ.
Makoto Ozone New Project Band featuring 岡崎好朗, 岡崎正典

これまた、粋な計らいにより配信ライブが行われました(公演延期の為)
Img_3493

ドラマーはCalmeraのドラマーとして活躍中のきたいくにとさん。
赤髪がトレードマークです

Img_3494

Img_3548

セットはBirch Custom Absolute/V.Hoop+Maple Custom Absolute
スネアはAMS1460(14”×6”)

Img_3471

要求される音色に対応する為には、多点セットになりがちですね。
左右に拡がるセッティングはカッコ良いなgood

持てる技術をすべて出す!という気持ちが伝わるドラムパフォーマンスでした!

Photo

細かい部分をより丁寧に聞かせる大切さ。最高なLIVEでした!
しかし、小曽根さんの音楽に対する情熱は半端ないです!

Img_3570







 

2021年8月25日 (水)

Jah-Rah スネア:RBS1480試打

Img_3676Recording Custom。バーチ材の深胴スネアRBS1480試打。
80年代はこの深さのスネアは様々なメーカーから発売していた
割と良く見かけた(?)サイズ14”×8” 

当時、メインスネアとして使用していたドラマーは今以上に多数いました。
スナッピーの感じやシェル鳴りの感じが心地良いです。
深胴スネアも中々良いですよ!

2021年8月17日 (火)

七海ひろき One-manLIVE773"FIVESTAR"

0013です。

Line Cube Shibuyaで行われた。One-manLIVE773"FIVESTAR"

Dr 坂本暁良さん。 
Absolute Hybrid Maple,DFP9500C, Zildjian。
バスドラムは24”(AMB2414)本日初使用! ドスンと良いサウンドです。

Img_3156

フットペダルはDFP9500
メタリックブルーカラーが目立つDFP9用ユニバーサルジョイントを使用しています。

Img_3154

Ba 桜井陸来さん Line6 Helix-FloorAmpeg Rocket Bass

Img_e3629

Key 西村奈央さん MOTIF XF6WH

Img_3170Gt ユウタマン事 渡辺裕太さん Line6 Helix-Floor

Img_3155

で囲みましたが、参加ミュージシャンが全員ヤマハ関連楽器を使用して
居ます。嬉しいです~~!scissors

Img_3161_2

Img_3167_2

2021年7月30日 (金)

One Young World Japan presents The Jazz Avengers

0013です。 

写真はBillboard Live YOKOHAMA公演とBLUES ALLYE JAPAN公演の
混合と成っています。

One Young World Japan” presents Jazz Avengers LIVE
Dr 川口千里さん率いる、S.Sax,A.Sax2名,T.Sax,Ba,Gt,Keyの女性7人。
その名も”Senri`s Seven” わお~っ!流石リーダーsun

Img_2895本当ならば、このバンドメンバーを率いたままMunich(Germany)でパフォーマンス
を行っていた筈なのですが...残念ながらキャンセルと相成りました。
そのかわり、このメンバーでのライブが観られた事はラッキーといえるのでないでしょうか!


先ずは楽器のご紹介。
川口千里さんの使用セットはPHX。 フロントヘッドにご注目!

Img_2846One Young World Japan用ドラムヘッドeye
ヤモリのカラーリングも合わせてあり、カッコイイです。

Img_2760スネアはAMS1460(Maple材:14”×6”)、フットペダルはDFP9D(ダイレクト)

Img_2905ツアー最終日。流石に余裕が感じられますね!good 
まとめ役であり進行等々含め全体把握はもちろんですが、ステージで降りても
終始忙しく動き回っていた千里さんでした。



ギタリストには、瀬川千鶴さんが参加。
ニコニコしながら、私の好きなペンタトニックを取り入れた
粋なソロも決めてくれました! 勝手に喜んでましたw

Img_2847

Line6 HX-EFFECTS使用中。
コンパクトエフェクターと組合わせて使用しています。

One_young_world_global


Keyに竹田麻理絵さんが参加。@marietakeda

Img_2804上段:MOX6。下段:MODX8 
「88鍵でこの軽さって信じられない!」とコメント頂きました。
”運搬”も選ぶ時に重要なポイントになりますね。

One_young_world_global_2竹田さん。以前開催していたTEEN`S MUSIC FESTIVAL 2005に出場し
全国大会決勝まで進んだとの事をお聞きしました。
やはり実力がある方は最初から凄いんだなと実感。
しかも、メンバーの衣装に一工夫加えたりとバンドのスタイリスト的立ち位置でも
実力を発揮していました。↓ 皆さん同じハッピなんですよ。びっくりですscissors

Img_2969

サウンドチェック前。
千里さんと麻理絵さん。最終確認中の一コマ。

Img_2904

Img_e2795画面左手から。
Key:竹田麻理絵さん。S.Sax:中園亜美さん。A.Sax:寺地美穂さん。A.Sax:WakaNaさん
Dr:川口千里さん。T.Sax:米澤美玖さん。Ba:JUNA SERITAさん
普段からセッション活動も行う実力者揃い。












2021年7月13日 (火)

Wu-Xing  Cotton Clubに登場。

0013です。

Img_2289本日は岡本健太さん率いるラテンジャズバンドWu-Xing LIVE。

Img_e2337

ドラムセットはLIVE CUSTOM
Cowbell×3、Jam Blockは彼らの音楽ジャンルには欠かせない楽器です。
セッティング位置にも注目。

Img_2308スネアはAMS1460(GCS)、スネアは打面センターや手前等を叩いて
数種類のサウンドを出してます。フットぺダルはシングルペダルのFP9C

Img_2304本日の使用スティックは、Zildjianの川口千里モデルLAZLZASSKeye

ん?何かスネアに貼ってあるぞ? え~っと。「うまくなる」 
すでに良いリズムとサウンドを出してますが、更に上を目指す気持ちが伝わります。

Img_2307

他のメンバーもヤマハ楽器を使用して頂いてますのでご紹介させて下さい。
Percussionの荒川”B"琢哉さん。シンバルスタンドCS856を吊り下げ小物用に使用。

Img_2310

Piano&Synthの宮川真由美さん。MODX6使用。使い方が上手いです。

Img_2328

今回ゲストで参加したSaxの安藤康平 ”MELRAW”さん。
足元にはLine6 M9使用。管楽器にエフェクト掛けると新風が吹きますeye

Img_2327


今回はゲスト参加したMELRAWさんに加え、更にもう一人スペシャルゲストが参加。
Percussionの大儀見元さんです。 何とも贅沢なライブとなりました!good
(大儀見さんは写真には写っていませんが…)

Img_2324_2

2021年7月 6日 (火)

ドラマー阿部薫&キーボーディスト吉村龍太。

0013です。

久々訪れた八王子。いつの間にかJ:COMホール八王子に名称が変わっててビックリ!
以前はオリンパスホール八王子でした。

さてさて、昨年のツアーは全部延期になり今回改めてツアーを再開いたしました!
4月3日からスタートした及川光博ワンマンショー2021「SOUL TRAVELER」
全公演無事に終了いたしました!誠におめでとうございます!
(ステージセットが映り込んでましたので、このBlogはツアー終了後に
アップする運びとなりました)

Img_0868

ドラマーは阿部薫さん。

Img_0865ステージからは、遠くて後ろの席までは見えてないと聞きますが
いえいえ、ご覧の通り客席後方までしっかりと見えているのです!eye

Img_0858ドラムセットBD22,FT16,TT14”,10”,8”。14”までタムタムなのが重要ポイント。
スリータム、ワンフロア仕様。
機種はMaple Custom Absolute

Img_0862フットペダルはDFP9500C
スネアはSD435AGD(David Garibaldi Model) 14”×3.5”

キーボーディストは吉村龍太さん。バンマスです。
ステージアクションがこれまたカッコイイです。

Img_0867

MONTAGE8のサウンドを最大限に今回のツアーでも大活用!