ドラムアーティスト

2018年11月 6日 (火)

SUPER BEAVER@豊洲PIT

はじめましてsign01TTです。scissors

豊洲PITにて行われたSUPER BEAVER『歓声前夜』Release Tour 2018
〜初めての、ラクダ運転〜2日目に伺ってまいりましたsign01

ドラマーは藤原”30才”広明さん。good

シンバルはA Customを中心にA Zildjianシリーズで統一。

_2jp4737

【Cymbal Set Up】

14” A Custom HiHtat Top

14” A Custom Mastersound HiHtat Bottom

18” A Custom Medium Crash

19” A Zildjian Heavy Thrash Ride

20” A Custom Medium Ride

10” A Zildjian Splash

21” A Zildjian Heavy Ultra Hammered China

_2jp4739

_2jp4740

長年A Zildjianを愛用していただいており、

まとまりがありつつパンチの効いたサウンドが印象的でしたshine

Tokyo_d2_live_181018_0241

フロアとステージが一体化したライブは、

鳥肌が立ちっぱなしで、とにかく圧巻のステージでしたsign03

来年2019年にはホールとライブハウスをまわる全国ツアーの開催も発表されましたねimpact

これからもSUPER BEAVERの活躍から目が離せませんsign01eyeshine

Photo by 日吉”JP”純平

2018年11月 1日 (木)

DEF LEPPARD  ドラマーRick Allen / DTX

0013です。

日本武道館で行われた、DEF LEPPARD”Hysteria"LIVE

Img_6327ステージ上、楽器はRick Allenのドラムセットのみ!

Img_6382

フロント部分の二段HEXRACKIIHXACIIを使っています。 

Img_6379_3

Img_6357両サイドも上下二本で固定し安定感増+デザイン的にもGood。

Img_6633バスドラムはLIVE CUSTOM 20×16インチ(LNB2016)

Img_6378センターはライド。両サイドはクラッシュ。ハイハット×4セット。
しっかり固定してるため、上下には全く動かず。
パット類はDTX-PAD(XP100)使用しHEXRACKIIでセットアップ。
ペダル類は基本的に事故から復活した当時のペダルを使用との事。

Img_6344PADとハイハットの位置関係、非常に狭くギリギリなのが分かると思います。

トレードマークとも言えるユニオンジャック入りヘッドホン。

Img_6396_2

Img_6399



Img_6439_2穏やかで気さく。 客入れギリギリまでドラムを叩いている努力家の姿に脱帽。
そして、LIVE中は本当に楽しそうにドラムを叩いて姿が実に印象的。
thanks Rick!

Img_6416

2018年10月30日 (火)

GINZA de JIMBO  

0013です。

ヤマハ銀座店BF2にあるライブ会場。ヤマハ銀座スタジオ。
神保彰ワンマンオーケストラ”GINZA de JIMBO” 2days

1日目。ワンマンオーケストラ公演。

P1260908

2日目。一部ドラムワークショップ、二部ワンマンオーケストラ公演

Img_3687ワークショップのセッティング。参加者が叩くセット(Maple Custom Absolute)
と神保さんのセット(YD9000AJDTX900MZildjian

Img_3694課題のリズムパターンを参加者に聞かせている場面。

Img_36992days 大盛況のうちに幕を閉じましたし! GINZA de JIMBOはまた来年~!

そしてそして、最後は「好きなところで観て良いです!」の一言からこの状態~。

Img_3697やはり、ドラマーは足元を見たいのですね。
気持ちは分かります。

2018年10月30日 (火)

二年に一度の!そして平成最後の!楽器の祭典”楽器フェア"2018開催~!

0013です。

国際展示場ビックサイト! いや~秋晴れです。

Img_6309

看板も設置済み。これから数日間よろしくお願いいたします! 

Img_6139

さっ、搬入&展示。これがまた凄い物量なのです。

Img_6125

Img_6127





  

Img_6257

Img_6133

Img_6166

ヤマハドラムステージ=DTXデモンストレーション。
2日目 朝一 川口千里さん登場!使用セットはDTX452KUPGS

Img_6170_2

P1270236

朝からブースいっぱい~大盛況!大盛り上がりです! 誠にありがとうございます。

Img_6180

Img_6181_2




千里さん。 アトリウムステージで行われる、米澤未久with friendsに出演のため
間髪入れずに移動。

Img_6189こちらはAbsolute hybrid Maple(PCS) を使用した Special LIVEです。

P1270241Key安部潤さん:MODX7,8。Ba熊谷望さん:BBP35,EDEN。Sax米澤美玖さん。
Dr川口千里さん:A.Hybrid Maple。Gt小川悦司さん:SA2200,Marshall
ヤマハ楽器にてお届けいたしました!

なんと5年振り??のご対面。
ギターブースに出演して頂いたyucatさんとのツーショットも撮らせて頂きました。

Img_6193

同じくドラムブースにて前回の楽器フェア2016にも出演して頂いた神田りょうさん
今年もここヤマハドラムブースに登場!
DTX452KUPGSで連日パフォーマンスを行って頂きました。
(ドラマー仲間の姿も。後姿で分かる人には分かるのでは)

Img_6201_2

Img_6253


そして、なんと飛び入りで菅沼"手数王”孝三さん登場! 
本当に突然登場で、周りの人達、いっせいに動画撮影!w
その後もヤマハブースを堪能して頂きました。

HARUTO君(DTX動画に出演して頂いてます)に手ほどきを受ける菅沼孝三さん。
珍しい1枚が撮れました!

P1270270

P1270266













Img_6264

Img_6261_2



上段に展示してある、PHXシリーズRECORDING CUSTOMを指差し一枚。

Img_6215_2常にDTXは試打の方でいっぱい! 沢山の方々にDTXを体験して頂きました。

Img_6281yuriさん、HIDEHIROさんも堪能中~

Img_6217BUNTA(TOTALFAT,OZROSAURUS)さんも~

Img_6198小野武正(KEYTALK)さんも~
ブースに足を運んで頂いたドラムアーティストの方々!
写真撮れなかった方々、お会い出来なった方々、すみませんです)

Img_imai

Img_risa


今井義頼さん(有形ランペイジ)                  小久保里沙さん

Img_hayato

Img_kalta

大槻KALTA英宣さん                        HAYATOさん(Five New Old)

Img_yosuke_2

Img_6216


Yosukeさん(Kelly SIMONZ`s BLIND FAITH           BUNTAさん(TOTALFAT,OZROSAURUS)

楽器フェア2018 ありがとうございました!

Img_6300








2018年10月16日 (火)

川口千里トーク&ライブ。MODX8登場~!

0013です。
BLUE MOOD presents Feel So Good
川口千里トーク&ライブ/MC立花裕人

川口さん密着取材中のひとこま。
プライベート質問にも笑顔で答えています。

Img_6075ドラムセットはPHXシリーズHEXRACKIIでセットアップ。


おっ!新商品MODX8!今日はこの一台のみです。

Img_6071キーボーディストは安部潤さん。

Img_6074安部さん。MODX8を小脇に抱えて登場したのには
ビックリしました。 「いや~軽いね。最高だね」と阿部さん。

Dr川口千里さん、Ba森光奏太さん、Key安部潤さんのトリオ

Img_6082

2018年9月25日 (火)

ADVANCED LIGHTWEIGHT HARDWARE/森信行

0013です

注目度の高い(ありがとうございます)ADVANCED LIGHTWEIGHT HARDWARE
ドラマーの方がチェックに訪れています。

今日は森信行さん。
チェックポイント。RIDEの位置。スタンドがバスドラムに何処まで近づくのか否か!

Img_4011

Img_4012希望する位置にセッティング出来ます。
その後、しばし気分良く叩かれていました~。 

Img_4008



2018年9月10日 (月)

神保彰。中国工場訪問~ドラムクリニック。

0013です。

神保彰 ドラム工場見学~中国ドラムクリニック・ツアー(前半)

ここは中国は杭州蕭山(Hangzhou Xiaoshan)

P1260977工場の正面入口。 (はて?何故か写真が暗めになってしまった...)

工場内にスペースを作り、神保さんにドラム演奏を行っていただきました。
演奏で使用するRecording Customセッティング中の一枚。
Recording CustomはCASIOPEA 3rdで使用しているドラムセットです。

Img_4114工員に集まって頂き、ドラムソロを披露!
途中、掛け合いを織り交ぜて頂き、工員もノリも良く楽しい時間を共有。

Img_4140

Img_4172神保さん工場見学の途中、ドラムシェル作りに挑戦!
カチ込みますよ!

Img_4170バッチリです! ありがとうございます。

P1260962工場訪問記念にサインを書いて頂きました。ありがとうございました。

Img_4160

~ドラムクリニック!
哈尔滨空港着~。出たところで嬉しい出迎えを受けました。

Img_4254

神殿よろしくの哈尔滨空港を一枚。

Img_4256

会場(NWANSHON studio&Stage)に到着~。
おっ、雰囲気ある会場ですね。

Img_4307

Img_4308

サウンド・チェック&リハーサル。  

Img_4306

P1270014使用器材はRecording CustomDTXZildjian
ここ、中国でもワンマンオーケストラを披露する準備が整いました。

まずは、地元ドラム教室の生徒さんからスタート。
神保さんと同じ、Recording Custom(会場のドラムセット)で演奏。

P1270022マイナスワン音源に合わせて演奏。フィルインも良い感じ!
そしてそして、神保さん登場です!

P1270030登場した途端、スマフォで録りまくりです…。

P1270041DTXを使うことでドラムでありながら、音楽が出来ることを伝えました。
お客さんも神保さんのパフォーマンスに度肝を抜かれていました!


また、来年開催出来ると嬉しいです!





2018年9月10日 (月)

東京JAZZ 2018 (NHKホール)

0013です

東京JAZZ2018

Img_5081

東京JAZZ2018のオープニングを飾るのはコーネリアス。
ドラムスティック強調のドラマーあらきゆうこさん。

Img_5092ドラムセットはAbsolute Hybrid Maple。フットペダルはFP720

Img_5077

Img_5095

Img_5078マイクスタンドの押さえにWT40(重さ4kg)使用。 バスドラムの中のミュート押さえ
シンバルスタンド等ハードウエア類の重し等々何かと便利です。


マンハッタントランスファーのドラムセットもAbsolute Hybrid Maple
こちらは、FT14",FT16のツーフロア。

Img_5076

Img_5073_2各バンドごとにバンド台が用意。下にキャスターが取り付けてありますので
消音であり転換自体がスムーズなのです。

Img_5069

渡辺貞夫オーケストラでは、Recording Custom登場!

Img_5105セッティング前。今はメンバー待ちです。

さてさて、会場の準備も終えNHKホールオープンです!

Img_5107

おまけ画像。東京JAZZ2018パネル。

Img_5091ステージを終えた出演者がこのパネルを背にインタビューを受けます。

2018年7月24日 (火)

『 及川光博 BEAT&ROSES!! 』

こんにちは、EDGE editです。

7/22日(日)、及川光博ワンマンショーツアー2018 「BEAT&ROSES」@NHKホールに訪問。

Keyは、吉村龍太さん。

201807221

MONTAGE8、MOTIF XS7を使用しております。今回のステージはロックな曲が多かったのですが、特に印象に残っているのは、ミドルテンポの曲での龍太さんのエレピ演奏でした。個人的にハマッてしまいました。フレーズは勿論なのですが、タッチの強弱による音色の表情の変わり方がとても綺麗な演奏でした。MONTAGEの出音の威力を発揮していましたねshine

↓↓こちらはDr/阿部薫さんセット。

201807222

201807223

Zildjianシンバル、綺麗にセットアップされています。

↓↓こちらは、Bs/御供信弘さんベース、BB2024X

201807224

及川さんバンド、リズム隊もキメてくれますflairバンド全体息ピッタリなので、及川さんパフォーマンスが更にカッコよく映えますね。

この日はツアー最終日、ステージ&客席とても盛上がっていました。

201807225

左から、Key/吉村さん、Bs/御供さん、Gt/あらケンさん、Dr/阿部さん

皆様、ツアー最終日お疲れ様でした。

2018年7月 7日 (土)

Yano FES.

0013です

YANO FES~YAONのYANO Fes.~ 約4年振りの開催です。
正式名はYANO MUSIC FESTIVAL

Img_3327プロデューサーの矢野博康さん主催。 

ステージ上には新旧Absolute(Maple Custom AbsoluteAbsolute Hybrid Maple)を
どどんとセットアップ!

Img_3326Nona Reevesの小松シゲルさんが叩くMaple Custom  Absolute(向かって左)
矢野博康さんが叩くAbsolute Hybrid Maple(向かって右)
両スパークルカラーがステージを派手に演出しました。