ギターアーティスト

2020年1月14日 (火)

ドラマー菅沼孝三。今回のASKAツアーはPHX。

0013です。

billboard classics ASKA premium ensemble concert-higher ground-

昨年のツアーから引き続き菅沼孝三さんが参加。

Img_1584ドラムセットは前回のRecording CustomからPHXに入替。

Img_1573_2今回はシンプルセッティング。
ワンバス、ワンフロアの為、HEXRCKIIも組替えいたしました。

Img_1585

フットペダルはDFP9D(ダイレクト)を使用中。

Img_1576_2前から見ても、ブルーのジョイントが目立ちます。
スネアはSD6455KS

Img_1593

そして久々登場のギター!
通称バイオリンギター。VG-Custom(ASKA Model)です。

Img_158910年?いやいや15年振りくらい?にお目にかかりました。
ん~お渡しした日を思い出します...。

Img_15901ボディ裏側に刻まれた無数のキズが時代を感じます。

Img_1592

Img_1602



2020年1月14日 (火)

”瀬川千鶴ヤマハLシリーズトーク&ライブ”告知!

PE-PEです。

今回はヤマハギターイベントの告知です!

ギタリスト瀬川千鶴さんをお迎えし、大阪のイシバシ楽器さんの2店舗で実施致します!



瀬川千鶴ヤマハLシリーズトーク&ライブ イシバシ楽器心斎橋店

日  時:2020年 2月1日(土) 15:00スタート

場  所:イシバシ楽器 心斎橋店 2Fアコースティックギターフロア

参 加 費 :無料

店舗URL:https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/24777



瀬川千鶴ヤマハLシリーズトーク&ライブ イシバシ楽器梅田店

日  時:2020年 2月2日(日) 15:00スタート

場  所:イシバシ楽器 梅田店 イベントスペース

参 加 費 :無料

店舗URL:https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/24775

様々なアーティスト現場で活躍されている瀬川千鶴さんLシリーズの魅力を存分に語り、弾いていただきます!

皆様のご参加、お待ちしております!

Photo

2019年12月17日 (火)

令和元年 構 康憲 ワンマンライブ Wonderful Kandaful Life

PE-PEです。

もう12月も半分が過ぎました。早いですねぇ。。。

先日12月6日に「令和元年 構 康憲 ワンマンライブ Wonderful Kandaful Life」@

神田明神ホールにお伺いしてきました。

今回の主役!・・・はタイトルになっているのでお分かりですね?

Photo

シンガーソングライターの構 康憲さん!FGX5 Red Labelと!
構さんにはRed Labelのプレス発表ご出演時に、
「歌を歌いたくなるギター」とRed Labelに素晴らしいキャッチフレーズをいただいたのを
よく覚えております。

Photo_3

Red Labelは生鳴りが良いのはもちろんですが、ヤマハの新ピックアップシステムAtmosfeel™は
箱鳴りの空気感もしっかりと再現し、演奏のニュアンスもしっかりとラインアウトしてくれます。
ライブ本編でのサウンドも構さんの歌とマッチして、とても素晴らしかったです。

Photo_2

今回のライブの使用ギターは手前から、
FGX5
LL-6JT(生産完了品)
CPX15II(生産完了品)

それぞれ個性のあるギターを曲調に合わせてを選択されてました。


Photo_4
アンコールでの一幕。地元神田の半被を纏って登場!
今回の3年半ぶりの構さんのワンマンライブ、非常に温かい雰囲気のライブでした!

2019年12月12日 (木)

CASIOPEA Debut 40th Anniversary Special Live。

0013です。

CASIOPEA Debut 40th Anniversary Year Final Live

Img_0704ロビーにはCASIOPEA 3rd&神保さんの還暦幕がありました!

Img_0711

本日はスペシャルゲストにBig Horns Beeを迎えド派手なLIVEを披露!

P1280491照明も”その当時”を意識しています。忘れてたこの熱さ。メッチャ暑い…。
確かに昔は暑かったのを思い出しました...。

使用器材。
野呂一生さん。

Img_0739_2IN-DX、Helix-Floorはギターセミナーでもお馴染みの組合せ。

神保彰さん。
Recording Custom(RW)、RBS1455

Img_0732ペダルはDFP9500C
ドラムから客席後方まで、しっかりと見えているのが分かると思います。

Img_0734

後ろは照明を取り付けるイントレ組み。
当時を彷彿させるステージを再現しました。

P1280469

Img_0747

バンドの歴史を網羅する演奏曲。その当時の事を色々と思い出します。

P1280498_2本日の模様は来年2020年2月にWOWOWにて放送を予定されています!
来年は41周年。当たり前か。

2019年12月 9日 (月)

the peggies tour 2019 - YELLOW -

PE-PEです。

先日TSUTAYA O-Eastで行われたthe peggies tour 2019 - YELLOW -
セミファイナルライブにお邪魔してきました。

Photo

Vo&Gtの北澤ゆうほさん!Marshall ASTORIA AST-2C(生産完了品)とツーショット!
後光が差してます!shineshineshine
ライブ本編は大盛りあがり!the peggiesの様々な楽曲を堪能させてもらいました!
ツアーファイナルは12月14日(土) 札幌 SPiCE!お近くの方は必見ですよ~!

次回のワンマンツアーも発表され、来年もthe peggiesから目を離せません!

2019年11月20日 (水)

minimalAcoustics Autumn Live<Laplace>

PE-PEです!

先日東京都田端・澤田写真館にて実施された、minimalAcoustics Autumn Live <Laplace>
にお邪魔してきました。

Kta
マリンバ、ビブラフォン、ベース、シンセサイザーと多彩な楽器を演奏された
Benjamin Acoustics a.k.a K-Taさんの演奏スペース!

Stage_scape

LINE 6 Stage Scape(生産完了品)には今回メンバーの皆さんが使用している楽器を接続!

Stage_source

LINE 6 Stage Source L2もセット。メインスピーカー、フロアモニターとして使用されていました。
メインスピーカー用、フロアモニター用、アコースティックギター用等、用途に合わせたセッティングへと簡単に変えられるので、非常に便利です。

Hx_effects

足元のLINE 6 HX EffectsにはBeatRoot、エレキベースを接続。
入出力が多いので使用する楽器が多くても様々なルーティングで対応できます。

Beatroot

スチールトングドラムのBeatRoot!

Photo_2

キーボード、Sebastian Acoustics a.k.a. 滝本成吾さんCP88、Motif XF7(生産完了品)を使用!
ピアノ、シンセサウンド、尺八など様々なサウンドが今回飛び出しました。

Photo_4
全体!

Photo_3
更に、上からの写真も撮らせていただきました。
さて、問題です。この中に楽器は何種類あるでしょうか・・・?w

Minimalacoustics
最後にメンバーの皆様とStage Sourceで記念撮影!

L to R

Tomovski Acoustics a.k.a 平野友義さん
Benjamin Acoustics a.k.a K-Taさん
Sebastian Acoustics a.k.a. 滝本成吾さん

2019年9月26日 (木)

Niiisan’s 1stワンマンLive「1%」

PE-PEです。段々と涼しくなってきましたね。

さて、先日の3連休最終日、浅草花やしきに隣接する浅草花劇場へ、
Niiisan’s 1stワンマンLive「1%」にお邪魔しました。

RuiVo./Gt.のRUIさん!
先日導入していただいたFGX5を使用!今回のライブで初登板!
コードストロークでの音抜けも非常に綺麗に響いてました!

そしてサポートギタリストとして出演されていたのはこの方!

Photo_2阿部学さん!LLX36CAREと共に。
このギター、阿部さんに非常に気に入っていただけていて
お会いするたびにお褒めいただけるのがとても嬉しいです。
ナチュラルなLのサウンドがバンド、アコースティック編成のどちらも際立っていました!

そして阿部さんの足元ですがもちろんこちら!↓

Photo_3

LINE 6 Helix FloorHX Stomp
エレキはHelix、アコギはHX Stompからそれぞれ出力。
この2つ、サウンドクオリティもよく本当に使い勝手バツグンです!

ライブ本編も大盛りあがり!J-POPの名曲カバーもあり、あっという間な一時でした。

2019年8月29日 (木)

松井祐貴 SOLO LIVE “Heart-Strings”actⅦ

PE-PEです。

気温がちょっと下がって来たかと思いましたがやはりまだ暑いですね。。。

さて、今回は8月3日(土)夏本番真っ只中に関内ホールで行われた
「松井祐貴 SOLO LIVE “Heart-Strings”actⅦ」
にお邪魔してきたときの記事です。

Matsui_yuki_san松井祐貴さんとHX Stomp

先日から使用いただいているHX Stompが今回大活躍!

Matsui_yuki_san_gear
マグネティックとピエゾピックアップをステレオ入力し、
パラレルでそれぞれに音色を調整して出力されていました。
そして今回はSend Retrun端子を使用し、外部のリバーブも連携!

非常に音の抜けがよく、ナチュラルなサウンドで聴いていてとても気持ちが良かったです!
松井祐貴さんソロライブお疲れ様でした!

2019年8月19日 (月)

DTXperiment Mini LIVE

0013です。

今井義頼プロジェクト”DTXperiment” 
アコースティックドラム+エレクトロニックドラムのハイブリッドセッティング
を強力に推し進めているプロジェクト。
今回、更にセッティングを変えたのでご紹介。

Img_2793全体像はこちらです。ドラムセットはLIVE CUSTOM

Img_2787通常ライドシンバルがある位置にDTX-Multi12をセット。
そうです。ライドシンバルが無いのです。その横にはXP100×2

Img_2786DTXパット(XP80)×3に加えシンバルパット(PCY)を導入。

Img_2789スネアとバスドラムにはトリガー(DT50S & DT50K)を装着
音源の写真を撮り忘れてしましましたが、DTX900Mを使用しています

Img_2783バスドラムにはEAD10。すぐ横にはDT50K

Img_2778

正面から見てもスタンド本数を極力少なくしているため、ド派手にならず
まとまりある印象を受けます。

そして、ギタリストは阿部学さん。もうDTXperimentには欠かせない存在です。
阿部さんの足元にはLine6 / Helix-Floor+G10S(ギター本体にトランスミッター)

Img_2772

Img_2795ドラムからドラム音はもちろんの事、ベース音、シンセ音、他パーカッション
その類etc。
ギターは、もちろんギター音と重要な曲のメロディを奏でています。



2019年8月 9日 (金)

氣志團現象V「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」         ギタリスト西園寺 瞳

PE-PEです。

6月のお話になりますが、中野サンプラザで行われた氣志團のGIG、

氣志團現象V「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」にお邪魔してきました

ギタリストは西園寺 瞳さん!

Photo  
ステージ上にはMarshall 1959+1960AX とJMP100+1936がセット!あれ?後ろにも壁が・・・?

西園寺 瞳さんが奏でるイカしたMarshallサウンドにシビレました!


GIG本編は氣志團の皆さんが奏でるヤンクロックと様々な仕掛けで会場は大盛り上がりでした!