« 2022年8月 | メイン

2022年9月

2022年9月30日 (金)

ようこそ"Roomies House"へ。

0013です。

WWWで行われたRoomies。初のワンマンライブ!"Roomies House"

Img_e6344

ドラマーは林一樹さん。久々にお会いしました~~!

Img_6265どうですこの表情!sun
このバンドで音を出すのが楽しくて楽しくて仕方ないのが凄く良く伝わります。

Img_6264ドラムセットはお気に入りのRecording Custom(SFG)
20”のバスドラムも欲しくなってますと一樹さん談。

ボンゴ的な(正式名分からず…)楽器をタムホルダーを軸にタムタムに
縛り付けてます。中々面白いアイデアです。

nord Stage 3が目立ちます。絨毯にも合いますね。

Img_6270

我が家に演奏できる場所を作るとこんな感じになるのかなと。想像しちゃいます。
観葉植物、ランプの灯り良い感じに配置されがリラックス出来ます。

Img_6271





2022年9月21日 (水)

懐かしいカタログシリーズ!?。FP720

0013です。

懐かしいカタログ。2015年9月3日。
銘器”FP720”復活は7年前でした。

Img_6051改めてよろしくお願いいたします。

2022年9月16日 (金)

ぴかぴかドラムセット。

0013です。

眩しい~!eye ドラムセットが眩しい~eye

Img_6131このシルバーカラーのYD9000セット+HEXRACKIIのアーチパイプの
使い方が個性的ドラマーは。そうです青山英樹さんです。

Img_6138フットペダルはDFP9C。ビーターはBT914(生産完了品)を使用。

Img_6133_2照明が少し落ちないと、ハレーションが激しすぎて撮るのが難しいです…。

EAD10もちゃんとセットティングしています。

Img_6134

ドラム単音チェック中の一枚。

Img_e6141




2022年9月16日 (金)

ミュージカル”モダン・ミリー”スタート

0013です。

THOROUGHLY MODERN MILLIE
ミュージカル モダン・ミリーがスタートしました。 

Img_3244●2022年9月7日(水)~26日(月)
●会場は日比谷シアタークリエ。

ドラマーに宮川克斗さんが出演scissors

Img_0164ドラムセットはTOUR CUSTOM。フロント全面にアクリル板有り。
ディキシー・ジャズのナンバー多く、Maple材の明るい響きが音楽とマッチして
いて心地が良いと宮川さん。最高です!good

Img_3281

Img_3274ハードウエア類にHW3(アドバンスドライトウェイトハードウェア)をチョイス。
これまた嬉しいです!sun
スネアはTMS1455

DTX-Mluti12はSE用に導入。
アコースティックドラム+エレクトロニックドラムを上手く使っています。

Img_3271

宮川さんもステージ上で演奏していますので、少し目線をあげて頂き生バンドの
魅力も感じて頂けると思います。
是非是非チェックして頂きたいです!

2022年9月 2日 (金)

2人のドラマー。波多江健さん+川口千里さん

0013です。

Kay-Ta君、お久しぶり&お見送りセッション。

Img_5694波多江健さんと川口千里さん。
ドラマーお2人をフィーチャーしたセッションライブeye

Img_5705波多江健さんはRecording Custom。川口千里さんはPHX
初共演です!good

波多江さんは、あえてジャズアプローチ寄りのチューニングにし千里さんと
サウンドの対比を楽しみたいとの事で明るめのサウンドをチョイス。
千里さんは、音量を出せるパワフルなチューニングと客席側で聞いてても
全然違うので凄く楽しいです!

Img_5687

空き時間にはお互いのセットをチェックeye
波多江さんのタムが傾いたセッティングに体が斜めになる~~~と千里さん。
ドラムのセッティングは人によって全然違うのでこの辺りもポイントです。
ドラムをドラマーを見始めは中々難しいと思いますが、慣れてくると
この方はロック寄りのドラマーだな。このドラマーはジャズ寄りですね等々セッティングを
観ただけで見分けられるようになり更にドラムが楽しくなるでしょうsun

Img_5704