« 2021年8月 | メイン

2021年9月

2021年9月15日 (水)

Live Crew 2021 in EX Theater Roppongi

0013です。


EX Theater Roppongiで行われたLive Crew 2021
Raychell Bandのドラマーとして関口孝夫さんが参加!

Img_4388

使用セットはLive Custom Hybrid Oak(カラー:UZU マグマサンバースト)

Img_4386

大塚紗英 Band Membersのドラマーにmikaさんが参加。
ドラマー同士のツーショットgood 

Img_4389mikaさん。今日のイベントでは関口さんのセットを叩いたのです。
しかも何と!スタンド類の高さを変えず関口さんのセッティングそのままに
叩いたとの事!eye  わおっ、これは凄い事です!
人のセッティングって叩きにくに筈なのに…。

シンバルは二人のセットをMIXして使用しました。

Img_4387スネアの打点ご覧ください。安定したショットなのが伺われます。

2021年9月13日 (月)

ロコダスト6 2021 @恵比寿Liquid Room HAWAIIAN6        ベーシストgure

PE-PEです。久々の投稿となってしまいました。

さて、先日HAWAIIAN6のベーシストgureさんにお会いしてきました!

Hawaiian6_gure

Hawaiian6_gurewt800

Hawaiian6_gured410xlt

gureさんのアンプはEDEN WT800+D410XLT!(どちらも生産完了品)

クリーンながらもバンドサウンドに埋もれることなく、しっかりと前に出るサウンドでした。

Hawaiian6_guremodule_glowplug

エフェクターラックにはGlowplugModule(生産完了品)がセットアップ。

この組み合わせがライン信号も抜群のEDENサウンドを作り上げます!

Hawaiian6_gureplumes

そして歪みペダルにEarthQuaker DevicesPlumesをセット。

サウンド切り替えのスイッチは2番をチョイス。

歪みのコンプレッション感は少なめですが、その分レンジは広く、

音量の上がり方は一番大きいです。gureさんはコードを多用したベースソロで使用いただいています。

導入していただいて間もないですが、しっかりとgureさんのサウンドを確立されていました!

gureさんこれからも是非これらの機材をご愛用ください!

2021年9月 8日 (水)

Recording Custom導入。ドラマー波多江健 

0013です。

CHEMISTRY、米澤美玖他精力的に活躍中のドラマー波多江健さん。
Recording Custom導入!good 本日初使用との事で訪問してきました。

Img_3909Recording Customの特長はハイテンションラグ。遠目からでも目立ちます。
BDサイズは20インチ。カラーはブラック。
弱音でのプレイでも”トン”とソリッドなアタック音が気持ち良い。

Img_3900新品へッドです。
出荷時にはコーテッドヘッドが張ってありますが、クリアヘッドへ交換。
最近クリアのサウンドが好みとの事。

Img_3903

Img_3906






2021年9月 3日 (金)

-真天地開闢集団-ジグザグのドラマー影丸。トリプルバスドラム!

0013です

-真天地開闢集団-ジグザグ
KT ZEPP YOKOHAMA ハキュナマタタ 関東編
 
多点セットを操る影丸さん。→ Twitter @zigzag_kagemaru
当日Ryhthm&Drums magazineの取材も入っていましたので
掲載後にアップと致しました。

1234Absolute Hybrid Maple(JGS)

バスドラム-AMB2418,ABM2216,AMB2016-
フロアタム-AMF1615-
タムタム-AMT1412,AMT1309,AMT1208,AMT1007,AMT0807-
スネア-RLS1455(ステンレス)‐
多点セットながら、各ドラムはサスティン短く調整されているので分離良いです。

Img_1445

Img_1404_2タムの並びが興味深いです。


ドラムセット後方から一枚。
影丸さんからは、客席後方までしっかりと見えているのがこの画像で
分かると思います!good 

Img_1420後ろに予備スネアを用意。こちらはRAS1455(アルミ)

Img_1449足回り。フットペダルはFP9C(22",20"用) DF9500C(24”用)
スネアはRLS1455BSD1050

 

Img_1403

会場正面入口。 先ずはこちらで一礼。

Img_1452