« 2020年12月 | メイン

2021年1月

2021年1月14日 (木)

ドラマー岡本健太。新規器材導入!

0013です。

熱帯JAZZ楽団、OBATALA★SEGUNDO等で活躍中のドラマー岡本健太さんが
結成したバンド。Wu-xing(ウーシング)から。

new gearゲットでーす!
ペダル(FP9C)、ステンレススネア(RLS1455)、そしてマット(DM2016)を新調。
今年は新現場も増えそうなのでバリバリ活躍してもらいます!
YAMAHA drumsさん、いつもありがとうございます!

こちらこそ、ありがとうございます。 
現場での使用を楽しみにしています!good
 Okamotok

2021年1月14日 (木)

機材紹介 EarthQuaker Devices 「Dispatch Master」

PE-PEです。

1月になって大分寒くなってきましたね。

さて、今回の機材紹介はEarthQuaker DevicesのDispatch Masterです。

Earthquakerdispatchmaster

小さな筐体ですが、非常に使い勝手が良いディレイ&リバーブです。

それぞれ単体で使用することができますが、両方使ったときのアンビエンス感が

弾いていて気持ちの良いサウンドです。

気になるサウンドは是非こちらの動画をご覧ください↓


YouTube: Dispatch Master(ディスパッチマスター)ディレイ&リバーブ:ビデオマニュアル

2021年1月14日 (木)

MIMIZUKUQ ONEMAN LIVE

0013です。

Img_8267渋谷Pleasure Pleasureにて行われました。

Img_8258ドラマーはPOCOさん。
ステージはセッティングの途中ですが、POCOさんはすでに”森の世界”に
入っていますね。

なんと13カ月ぶり(374日ぶり!)となるLIVE。
ゲストボーカリストを3名迎えて有観客+配信有で行われました。

ハードウエアの足元に映っているのはWT40というウエイト(4kg)。
赤←バスドラムから高くセットされたシンバルが印象的なドラムセットは
Birch Custom Absolute

Img_8254_2

Img_8255このように引っかけられます。
バスドラムの中に入れ、毛布等のミュート押さにしたり
このように足をあまり開かない、スタンド類の安定に利用したりとアイデア次第
で色々と使えます。

ギターはMarshallASTORIA CLASSIC(生産完了品)を使用。

Img_e8259

2021年1月 8日 (金)

NGT48「クリスマス特別公演」川越紗彩弾き語りステージ

PE-PEです。

遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、昨年12月25日に行われたNGT48「クリスマス特別公演」での様子を送っていただきましたので、そちらをご紹介。

この日はNGT48川越紗彩さんが劇場公演での弾き語り初お披露目!

Photo

川越紗彩さんのパートナーはAPX1000 CRB

川越さんの白い衣装とAPX1000の赤でNGT48のイメージカラーをバッチリカバー!

Photo_2

とても楽しそうに演奏される川越さんの弾き語り、その場で観てみたかったです・・・!!

また、今回の公演で川越紗彩さんは正規メンバーに昇格されたとのこと!

川越紗彩さんおめでとうございます!

2021年1月 7日 (木)

ドラムレッスンはRYDEEN。ドラマー阿部一仁。

0013です。

 

任侠楽団”港町ぎんじろうとバスエのキャバレーズ”の
ドラマーとしても活躍中の阿部一仁さん。
ドラムレッスン用にRYDEENを導入。

Lesson2良い意味でのヴィンテージ感ある音色はエントリーモデルの域を超え、
メローイエローのカラーも評判良いとの嬉しいコメントを頂きましたscissors

 

2021年1月 5日 (火)

T-SQUARE 日本橋三井ホール。


0013です。

新年あけましておめでとうございます!sun
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、ブログの内容は2020年末に行われた毎年恒例のLIVE。
T-SQUARE “YEAR-END SPECIAL 2020” in TOKYO
〜AI Factory & Crème de la Crème〜公演から。

会場は日本橋三井ホール(最寄り駅は銀座線三越前駅)

Img_8075_2客席の並びから。
今や見慣れた感もありますが、感染防止対策の一環として隣同士の間隔を空けています。
メンバー、スタッフはもちろんの事、チケットを買って来て下さるファンの方々
含め、ライブを楽しむために力を合わせているのです。

使用器材のご紹介。
SAXの伊東たけしさんはChromatic Tuner TD-19を使用中。

Img_8079ステージ後方横一列。画面左側から。

Img_8115サポートキーボーディストとして参加中の白井アキトさん。
ドラマー坂東慧さん。そして、キーボーディストの河野啓三さんの
使用器材がズラリと。

Img_8102

Img_8074

Img_8108

Img_8109白井アキトさん。MODX7S90ES
S90ESに使用している電源ケーブルに目が行きます!

Img_8099

Img_8117ドラムは坂東慧さん。今回はLIVE CUSTOM HYBRID OAKを使用。
フットペダルはDFP9C

Img_8078

Img_8076左右の手を入替てのバスドラム内に入っているミュート調整。
楽器スタッフは横で見ています。
ミュートはサウンドに大きく関係するので、そこは自分の手で行います!

Img_8083

最後にキーボーディストの河野啓三さん。

Img_8072S90ES

Img_8087

2021年1月 5日 (火)

T-SQAU